新着情報

new 2016/4/14
「もっと知りたい!遺伝のこと」発刊のお知らせ(国立研究開発法人 科学技術 振興機構 発行)

本学会と日本人類遺伝学会が全面協力し,科学技術振興機構が作成した,遺伝に 関する初等中等教育向けの冊子が完成しました。 皆様,是非ご利用ください。

サイエンスウインドウ 子ども向けの本「もっと知りたい!遺伝のこと」
サイエンスウインドウ2016年春号[特集]わたしの遺伝子が教えてくれる

▲ページの先頭

new 2016/4/10
第7回遺伝カウンセリング研修会

概要
・主催:日本遺伝カウンセリング学会
・後援:日本人類遺伝学会,日本遺伝子診療学会,全国遺伝子医療部門連絡会議
・実行委員長:櫻井晃洋(札幌医科大学医学部遺伝医学教授)
・日本遺伝カウンセリング学会研修委員会:
 研修委員長  澤井英明(兵庫医科大学)
 研修副委員長 三宅秀彦(京都大学)
 担当理事   小杉眞司(京都大学)
・日時:2016年(平成28年)7月16日(土)~18日(月・祝)
・会場:札幌医科大学内
・定員:60名(うち遺伝カウンセリング学会会員枠定員45名、一般枠定員15名)(予定)
・参加費用:43,200円 (予定)
・認定単位:臨床遺伝専門医制度 12単位 (ロールプレイ5回)
          認定遺伝カウンセラー制度 12単位
          日本人類遺伝学会細胞遺伝学認定士 5単位

申込み
受付開始は
【遺伝カウンセリング学会員】平成28年5月10日(火)16時~
【一般】平成28年5月17日(火)16時~
遺伝カウンセリング学会の会員は優先的に申込みできます。

申込みフォームはこちら
http://jsgc-form.info/14/

平成28年5月10日(火)の16時から遺伝カウンセリング学会会員枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング学会会員に限り応募でき、会員番号(数字4桁)の入力が必要です。ただし定員に達した時点で締め切ります。

平成28年5月17日(火)の16時から一般枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング学会会員であってもなくても応募できます。ただし定員に達した時点で締め切ります。

会員番号:
会員優先枠に応募するにはご自身の会員番号の4桁の入力が必要です。 会員番号がご不明の場合は、事前に余裕を持って、 下記「会員番号」の確認用問い合わせサイトより、ご確認をお願いします。
会員番号・入会日等 確認フォーム
https://www.form-navi.com/MailForm/ShowForm.aspx?fid=2015042001
※必須項目以外に所属機関や連絡先電話番号もお願いします。

上記サイトに接続できない場合は、日本遺伝カウンセリング学会 事務局へお問い合わせください。
(研修会自体についてのお問い合わせは下記の研修委員会事務局にお願いします。
日本遺伝カウンセリング学会 事務局 (会員番号の問い合わせ)
E-mail:iden.counseling[ アットマーク ]univcoop.or.jp

問い合わせ先
遺伝カウンセリング研修委員会事務局(兵庫医科大学産科婦人科内)
gckensyu[ アットマーク ]hyo-med.ac.jp
お問い合わせはE-mail にてお願いいたします。

プログラム(予定)
7月16日(土)
12:20-12:50 受け付け  
12:50-13:00 挨拶・オリエンテーション 櫻井晃洋
13:00-13:50 テーマ1:「遺伝カウンセリングの基礎」 講義 村上裕美
13:50-14:00 休憩・移動
14:00-15:40 グループワーク・ロールプレイ
15:40-15:50 移動
15:50-16:20 総合討論
16:20-16:30 休憩  
16:30-17:20 テーマ2:小児「口唇口蓋裂」 講義 外木秀文
17:20-17:30 休憩・移動
17:30-19:10 グループワーク・ロールプレイ
19:10-19:20 移動
19:20-19:50 総合討論
19:50-20:00 一日のまとめと連絡 櫻井晃洋

7月17日(日)
8:30-9:20 講義1:遺伝医療の現状と未来 福嶋義光
9:20-9:30 休憩  
9:30-10:20 テーマ3:遺伝性腫瘍「リ・フラウメニ症候群」 講義 矢形寛
10:20-10:30 休憩・移動
10:30-12:10 グループワーク・ロールプレイ
12:10-12:20 移動
12:20-12:50 総合討論
12:50-13:30 休憩・昼食  
13:30-14:20 講義2:薬理遺伝学Update 渡邉淳
14:20-14:30 休憩  
14:30-15:20 テーマ4:神経疾患「脊髄小脳変性症」 講義 矢部一郎
15:20-15:30 休憩・移動
15:30-17:10 グループワーク・ロールプレイ
17:10-17:20 移動
17:20-17:50 総合討論
17:50-18:00 休憩  
18:00-18:50 講義3:ミトコンドリア病 後藤雄一
19:00- 懇親会(未定)  

7月18日(月・祝)
8:30-9:20 テーマ5:生殖周産期「高齢妊娠」 講義 浜之上はるか
9:20-9:30 休憩・移動
9:30-11:10 グループワーク・ロールプレイ
11:10-11:20 移動
11:20-12:00 総合討論
12:00-12:10 休憩  
12:10-13:00 講義4:リスクの推定 櫻井晃洋
13:00-13:10 休憩  
13:10-14:00 講義5:遺伝学的検査結果の読み方 中山智祥
14:00-14:15 受講証授与,閉会 櫻井晃洋

▲ページの先頭

new 2016/4/8
第40回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 御礼

第40回日本遺伝カウンセリング学会学術集会は、お陰様をもちまして盛会のうちに終了いたしました。
ご参加くださいました皆様、ご協力くださいました関係者の皆様に深く感謝申し上げます。ありがとうございました。

第40回日本遺伝カウンセリング学会学術集会長
山内 泰子
川崎医療福祉大学医療福祉学部医療福祉学科
大学院医療福祉学研究科遺伝カウンセリングコース

▲ページの先頭

 2016/2/22
国立研究開発法人科学技術振興機構より,科学技術コミュニケーション推進事業 問題解決型科学技術コミュニケーション支援 平成28年度募集開始のご案内をいただきました。
詳細はPDFファイルをご覧ください

▲ページの先頭

 2015/11/29
第40回遺伝カウンセリング学会学術集会
演題募集期間延長のお知らせ

日頃より本学会をご支援いただき、ありがとうございます。
2016年度の第40回日本遺伝カウンセリング学会学術集会は、2016年4月3日(日)~6日(水)に開催します (国立京都国際会館、ICHG2016との同時開催)。

現在、演題募集中です。締め切りを2015年12月7日(月)正午まで延長しました(ただし,これ以上の期間延長はありません)。 引き続き,多くの演題登録をお待ちしております。


▲ページの先頭

 2015/11/23
日本遺伝カウンセリング学会の皆様

日頃より本学会をご支援いただき、ありがとうございます。
日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会の共同開催の遺伝看護セミナーのご案内です。

第3回は、これまでの<出生前診断をめぐるケア>と異なり、周産期だけでなく、多様な領域の方々にご参加いただけるテーマにいたしました。
また臨床従事の方のみならず、教育従事の方・認定遺伝カウンセラーの方々にもご参加いただけるプログラムとして準備しております。

第3回 遺伝看護<家族ケアと倫理>セミナー
日時:2016年2月13-14日(土・日)
場所:東京医科歯科大学
対象:家族ケアや倫理調整の役割を担う臨床看護師、看護基礎教育・大学院教育 に携わる方、遺伝医療に関心がある方

セミナーの目的
様々な疾患の遺伝的要素が明らかになり、臨床において遺伝医学情報と対応に関する知識が必要とされています。
また診断や治療過程では遺伝学的検査が行われ、患者と家族が適切に理解できるよう多面的な配慮と倫理調整が必要となっています。

以上から本セミナーは医療現場において遺伝医学技術が適切に運用されるために、看護職への遺伝学的知識と家族ケアと倫理について普及していくことを目的としています。

申込受付開始:2015年11月24日~ 申込フォーム http://jsgc-form.info/ikc2015/
募集人数:60名

詳細はこちらのポスターをご覧ください。
皆様の参加をお待ちしています。

遺伝看護セミナー実行委員一同


▲ページの先頭

 2015/8/7
日本遺伝カウンセリング学会遺伝学的検査委員会がとりまとめている受託可能な遺伝学的検査が追加されましたので、第2版を掲載いたします。(会員専用)
新たに加わった項目については青色表示されています。

リストにない項目で外部施設からの受託が可能な項目をお持ちの場合は千葉大野村(fnomura@faculty.chiba-u.jp)までご連絡いただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。

▲ページの先頭

 2015/7/30
遺伝カウンセリングロールプレイ(GCRP)研修会のお知らせが届きました。

昨年度に引き続き,平成27年度遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(GCRP2015)を下記の日程・場所で開催します.  暫定制度で合格した臨床遺伝専門医の方には,登録されたメールアドレス宛てに,申込み方法および申込みに必要なURL・パスワードを8月7日(金)にお送りします.優先して申込できる期間を8月20日(木)18:00からに設定しています.暫定制度で合格した臨床遺伝専門医の方がこの研修会に参加すると,更新に必要な研修会参加単位を7単位,ロールプレイ実習回数を2回,取得することができます.  暫定制度による臨床遺伝専門医合格者以外の方の申込方法についてはあらためてご案内申し上げます.

日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会合同
GCRP研修会実行委員会

事務連絡先:メディアライブラリ 
   田中祥文 tanaka@medialibrary.jp
GCRP2015 開催日程案
地域
責任者
場所
受入可能人数
11月7日 9:00-15:00 北海道 櫻井晃洋 札幌(札幌医科大学) 36
11月7日 13:00-18:00 首都圏 小崎健次郎 慶応大学 36
11月14日 13:00-18:00 中国 兵頭麻希 広島大学 36
11月21日 13:00-18:00 四国 井本逸勢 徳島大学 36
11月28日 13:00-18:00 近畿1 小杉眞司 京都大学 42
12月5日 13:00-18:00 近畿2 酒井規夫 大阪大学 36
12月12日 13:00-18:00 首都圏 渡邉 淳 日本医科大学 36
12月19日 13:00-18:00 甲信越 福嶋義光 信州大学 30
12月26日 13:00-18:00 東海 倉橋浩樹 藤田保健衛生大学 48
1月23日 13:00-18:00 九州 中村公俊 熊本大学 30
1月30日 13:00-18:00 東北 川目 裕 東北大学 30
1月30日 13:00-18:00 首都圏 羽田 明 千葉大学 42
2月13日 9:00-15:00 首都圏 高田史男 相模大野(北里大学) 36
2月20日 13:00-18:00 北陸 小杉眞司 金沢大学 42

▲ページの先頭

 2015/7/3
第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 野村文夫大会長からの御礼のあいさつ

向暑の候、皆様その後いかがお過ごしでしょうか。
2015年6月25日~28日に千葉市三井ガーデンホテルにおいて開催された第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会(大会テーマ コラボレーション遺伝子診療)にご参集いただきありがとうございました。特別講演をお願いした千代豪昭先生のお言葉をお借りすれば、「遺伝カウンセリングの社会的役割と可能性」がますます高まり、会員数が着実に増加する追い風を受けて、計875名と多数のご参加をいただきました。すべてのプログラムを予定通り終えることが出来ましたのは皆様のご支援とご協力のおかげであり、心より御礼申し上げます。28日午後開催した「がんの遺伝」についての県民・市民公開フォーラムにも200名を超える参加者を得ました。
来年の第40回日本遺伝カウンセリング学会学術集会はICHG2016と同時開催で、2016年4月3日~6日に国立京都国際会館において川崎医療福祉大学の山内泰子先生(日本認定遺伝カウンセラー協会理事長)を大会長として開催される予定です。来年の学術集会において再会できることを楽しみにしております。皆様方のご活躍と我が国における遺伝カウンセリングの益々の発展を祈りつつ、御礼まで。

2015年7月吉日
第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 大会長 
野村文夫
同 スタッフ一同

▲ページの先頭

2015/6/3
日本遺伝カウンセリング学会 会員各位

平素より、日本の遺伝医療の拡充、遺伝カウンセリングの実施において、日々のご尽力に深謝申し上げます。
また、この度の第39回学術集会にご参集くださいます事、野村文夫学術集会会長 と共に、心から感謝申し上げます。

近年のゲノム研究と細胞遺伝学研究の発展は、医療において疾患の原因遺伝子の同定、発症メカニズムの解明、治療法の開発などの進歩をもたらしました。
その成果の医学における応用は、健康の追求と疾病の予防・治療として、人類全体にとって大きな希望です。
一方で、発症前診断、保因者診断、出生前診断(着床前診断)が技術的に可能となり、医学的専門としての臨床遺伝学の立場から、正確で適切な情報を提供することの重要性とともに、生命に関する倫理的問題に直結する医療としての重要な立場となっております。

第39回学術集会において、会員および非会員参加者の皆様におかれましては、アカデミアの立場から冷静に、マナーを守りつつ、日本の遺伝医療のあるべき姿を論議するようにお願い申し上げます。
ゲノムに関わる医療人として、人間の多様性を理解した上で、お互いを尊重しつつ、学術集会にご参加くださいますよう、お願い申し上げます。

なお、日本遺伝カウンセリング学会として、生命に関する倫理的問題、倫理規範は最も重要な課題と考えております。
また利益相反の問題も極めて重要です。倫理問題検討委員会が中心となり、検討を進めますことをご了承ください。

2015年6月2日
日本遺伝カウンセリング学会理事会一同
理事長 斎藤加代子

▲ページの先頭

2015/5/27
『生殖医療に関する遺伝カウンセリング相談受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会のお知らせ

日本産科婦人科学会より『生殖医療に関する遺伝カウンセリング相談受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会のお知らせをいただきました。
皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

『生殖医療に関する遺伝カウンセリング相談受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会

■受講対象者:予定300名[原則として先着順受付(最終締切:2015年6月20日)]
 1) 『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』
      である日本産科婦人科学会会員
 2) 生殖医療、出生前(着床前)診断の診療にかかわる日本産科婦人科学会会員
 3) 『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』
      である日本人類遺伝学会会員、日本遺伝カウンセリング学会会員
 4) 生殖医療、出生前(着床前)診断の診療にかかわる医療関係者(認定遺伝カウンセラー等)の受講希望者
 5) 本講習に関する領域に関心のある方

■開催日:2015年7月20日(祝・月) 10:00-16:00 昼食時間含む

■開催地:東京コンファレンスセンター・品川 5F大ホール

■受講料:10,000円(昼軽食付き)
*臨床遺伝専門医(日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会認定)の方に限り、本講習の講習修了証は、『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』制度登録申請の際の資格証明書となります。

■プログラム(予定)
10:00-10:10 ご挨拶:日本産科婦人科学会理事長、倫理委員会委員長
講義・講師(敬称略)
 1. 10:10-10:50 杉浦 真弓 名古屋市立大学教授
【テーマ】 日本産科婦人科学会臨床研究概要と課題
 2. 11:00-11:30 山本 俊至 東京女子医科大学統合医科学研究所准教授
【テーマ】 臨床研究の実施上(解析上)の課題点
 3. 11:40-12:10 関沢 明彦 昭和大学教授
【テーマ】 新型出生前診断の動向と今後
<12:10-13:15 昼食>
 4. 13:15-13:50 田村 智英子 胎児クリニック東京医療情報・遺伝カウンセリング室/順天堂大学
【テーマ】 遺伝カウンセリングに求められるもの
 5. 13:55-14:30 武藤 香織 東京大学医科学研究所公共政策研究分野教授
【テーマ】 ゲノム医学の進歩と社会
14:45-15:45 パネルディスカッション  司会:平原 史樹(横浜市立大学医学部)、久具 宏司(東京都立墨東病院産婦人科)
 パネラー:
 竹下 俊行(日本医科大学産婦人科)
 杉浦 真弓(名古屋市立大学)
 山本 俊至(東京女子医科大学統合医科学研究所)
 関沢 明彦(昭和大学)
 田村 智英子(胎児クリニック東京医療情報・遺伝カウンセリング室/順天堂大学)
 武藤 香織(東京大学医科学研究所公共政策研究分野)
15:45-16:00 閉会挨拶:増﨑 英明(長崎大学医学部附属病院産婦人科)

▲ページの先頭

 2015/4/19(2015/4/26更新)
第6回遺伝カウンセリング研修会のお知らせ

遺伝カウンセリング学会会員の皆様
平成27年度に開催します第6回遺伝カウンセリング研修会は以下の日程で行います。

参加募集受付
参加募集の受付は5月14日(木)より以下のサイトで会員優先枠について募集開始します。
http://jsgc-form.info/12/ 
平成27年5月14日(木)の14時から19日(火)14時まで遺伝カウンセリング学会会員枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング学会会員に限り応募でき、会員番号(数字4桁)の入力が必要です。ただし定員に達した時点で締め切ります。
平成27年5月19日(火)の15時から上記のサイトで一般枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング学会会員であってもなくても応募できます。ただし定員に達した時点で締め切ります。

会員番号
会員優先枠に応募するにはご自身の会員番号の4桁の入力が必要です。
  会員番号がご不明の場合は、事前に余裕を持って、
  下記「会員番号」の確認用問い合わせサイトより、ご確認をお願いします。
https://www.form-navi.com/MailForm/ShowForm.aspx?fid=2015042001
※必須項目以外に所属機関や連絡先電話番号もお願いします。
上記サイトに接続できない場合は、日本遺伝カウンセリング学会 事務局へお問い合わせください。
日本遺伝カウンセリング学会事務局 E-mail:iden.counseling@univcoop.or.jp
(研修会自体についてのお問い合わせは下記の研修委員会事務局にお願いします。)

概要
・主催:日本遺伝カウンセリング学会
・後援:日本人類遺伝学会,日本遺伝子診療学会,全国遺伝子医療部門連絡会議
・実行委員長:福嶋義光(信州大学)
・日本遺伝カウンセリング学会研修委員会:
  研修委員長  澤井英明(兵庫医科大学産科婦人科教授)
  研修副委員長 三宅秀彦(京都大学医学部附属病院遺伝子診療部特定准教授)
  担当理事   小杉眞司(京都大学大学院医療倫理学教授)
・日時:2015年(平成27年)7月10日(金)午後~12日(日)午後
・会場:信州大学医学部 第2実習室ほか(長野県松本市)

・定員:60名(うち遺伝カウンセリング学会会員枠定員45名、一般枠定員15名)(予定)
・参加費用:43,200円 (予定)
・認定単位:臨床遺伝専門医制度 12単位 (ロールプレイ5回)
            認定遺伝カウンセラー制度 12単位
            日本人類遺伝学会細胞遺伝学認定士 5単位
・遺伝カウンセリング研修委員会事務局(兵庫医科大学産科婦人科内)
gckensyu@hyo-med.ac.jp
お問い合わせはE-mail にてお願いいたします。

▲ページの先頭

 2015/4/16
第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局よりお知らせ

第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会に演題登録をされた方にお知らせいたします。

演題採択の可否については事務局からご登録いただいたアドレスにメールにてご連絡しています。
登録したものの演題採択メールをまだ受信されていない場合は至急学術集会事務局(jsgc39@ho-chiba-u.jp)までご連絡ください。

その際、件名「演題採択メール未受信」とし 本文にご所属・お名前・演題名・登録日 を記載いただくとともに念のためアップした原稿を添付していただけますようお願いいたします。

なお一般演題の抄録修正依頼の受付は、4月13日をもって終了いたしましたので、ご了承ください。

▲ページの先頭

 2015/4/15
「遺伝医療関係者と報道関係者による合同シンポジウム」開催のお知らせ

この度,日本人類遺伝学会教育推進委員会と日本遺伝カウンセリング学会遺伝教育委員会が合同でメディア,患者団体・患者支援団体,そして医療関係者間をつなぐためのシンポジウムを企画しました。

近年,各種メディアで,遺伝子の話題,遺伝と関連した疾患の話題などが日常的に取り上げられるようになってきた一方で,遺伝に関わることには,医学的なことだけでなく,倫理的・社会的にも解決すべき問題が存在しています。
この問題においては社会啓発が必要な部分が大きく,解決のためには当事者とメディアが協調する必要があると考えました。
そこで,メディア,患者団体・患者支援団体,そして医療関係者間で,遺伝に関する相互理解を深めるための第一歩として本シンポジウムを以下の要領で開催する運びといたしました。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
また,周りでご興味のある方がいらっしゃいましたら,お声かけをお願いいたします。

          記

遺伝医療関係者と報道関係者による合同シンポジウム
-メディアに求めること,メディアが求めること-
日時 2015年5月17日(日)13:00~16:00
会場 AP品川アネックス 会議室A+B
       東京都港区高輪3-23-17品川センタービルディング1F
      品川駅から徒歩約3分
プログラム
1. 基調講演 福嶋義光 (日本人類遺伝学会理事長)
2. シンポジウム  水戸川 真由美 (日本ダウン症協会)
               太宰 牧子 (HBOC患者会 Clavis Arcus)
               館林 牧子  (読売新聞社)
               今村 裕治  (日本放送協会)
参加費 無料
定員 100名
要事前申込
事務局からの連絡をもって受付完了となります。
申込者多数の場合は調整させていただく場合があります。

申込は以下のフォームからお願いいたします。
申込フォーム
URL:https://docs.google.com/forms/d/1t3BmY4ZaauVWWIe2pL3x2sQDH1I4DoZUcavaVmzpbYc/viewform
短縮URL: http://bit.ly/1Cg8c3g
主催
 日本人類遺伝学会 教育推進委員会
 日本遺伝カウンセリング学会 遺伝教育委員会
事務局担当  三宅秀彦(京都大学)
連絡先 jsgcedubasic@gmail.com

ポスター(PDF)

▲ページの先頭

 2015/4/6
遺伝教育委員会からのお知らせ

遺伝教育委員会では以前からわが国の中等教育においてヒトの遺伝を取り上げ, 適切に教育を行うことの必要性を訴えてきましたが,このたび,関連学会(日本人類遺伝学会,日本遺伝学会,日本人類学会)と連名 で,中央教育審議会の会長,初等中等教育分科会長,教育課程企画特別部会長に宛てて,「中央教育における『ヒトの遺伝と多様性』 の扱いに関する要望」書を送付しましたのでお知らせいたします.

中教審への要望書(PDF)

遺伝教育委員長
札幌医科大学医学部遺伝医学
櫻井晃洋

▲ページの先頭

 2015/4/1
国内の施設で受託可能な遺伝学的検査 第1版 (2015年3月31日) を掲載しました。(会員専用)

会員専用ページに,国内の施設で受託可能な遺伝学的検査 第1版 (2015年3月31日)を掲載いたしました。
HPトップの,会員専用ページからログインして下さい。

▲ページの先頭

 2015/2/10
第39回遺伝カウンセリング学会学術集会 演題募集のお知らせ

第39回遺伝カウンセリング学会学術集会を2015年6月26日(金)~28日(日)に三井ガーデンホテル千葉(千葉市中央区)で開催いたします。

現在、演題募集中ですが、締め切りが2015年2月20日(金)に迫っております。
(システムトラブルのため3月9日午後5時まで延長されました)

締切日はアクセスが集中し、演題登録に支障をきたすことが予想されます。
余裕を持ったご登録をお願いいたします。
多数のご応募お待ちしております。

第39回遺伝カウンセリング学会学術集会ホームページ 
http://ho-chiba-u.jp/jsgc39/

※ 若手奨励賞
35歳以下の応募者から若手奨励賞を表彰します。
奮ってご応募ください。
なお、発表形式は口演発表をご選択下さい。

第39回遺伝カウンセリング学会学術集会
大会長 野村 文夫

▲ページの先頭

 2015/1/29
日本産科婦人科学会 公開シンポジウム「着床前受精卵遺伝子スクリーニング(PGS)について」開催のお知らせ

日本産科婦人科学会より,公開シンポジウム「着床前受精卵遺伝子スク リーニング(PGS)について」開催のお知らせをいただきました。詳細につきましては,以下のファイルをご覧ください。

詳細はこちら(PDFファイル)

▲ページの先頭

 2015/1/20
NGSDプロジェクト専攻医募集のお知らせ

NGSDプロジェクトの正式名称は以下の通りです.
文部科学省課題解決型高度医療人材養成プログラム
「難病克服! 次世代スーパードクターの育成 ー ゲノム時代の難治性疾患マネジメントを担うオールラウンド臨床遺伝専門医の育成と全国遺伝子医療部門連絡会議を介した全国展開 ー」
http://www.ngsd-project.jp

本プロジェクトでは,専攻医を募集しています.興味のある方にお知らせいただきたくご依頼申し上げます.
[募集期間:2014年12月22日(月)~2015年2月28日(土),募集の詳細についてはHP
http://www.ngsd-project.jp/application/ >をご覧下さい]

NGSD プロジェクト
事業統括 福嶋義光(信州大学)

▲ページの先頭

 2014/12/4
小学校・中学校・高校に勤務される教員の方を対象とした「初等・中等教育課程において、ヒトの『遺伝』・『多様性』をどう教えるか」のお知らせ

この度,日本遺伝カウンセリング学会遺伝教育委員会、日本人類遺伝学会教育推 進委員会が主催し,東京都生物教育研究会教育課程委員会,神奈川県生物教育研究会の共催で,標記のワークショップを1月12日(月・祝)に,東京で開催することになりました。

本ワークショップは小学校・中学校・高校に勤務される教員の方を対象としておりますので,お近くの方でご興味のある方がいらっしゃいましたら,お声かけいただければ幸 いです。

なお,本ワークショップは、小中高の教員の方を対象としています。
会員の皆様には,ご理解いただきますようお願い申し上げます。

詳細につきましては,以下のリンク先のファイルをご覧下さい。
2015年1月12日ワークショップのご案内 Wordファイル

遺伝教育委員会
櫻井晃洋,渡邉淳,佐々木元子

▲ページの先頭

 2014/11/26
日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム公開シンポジウム2014 「個別化医療を進めるために」開催のご案内

■--------------------------------------------------------------------
日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム
公開シンポジウム2014 「個別化医療を進めるために」開催のご案内
--------------------------------------------------------------------■

日本遺伝子診療学会 遺伝子診断・検査技術推進フォーラムでは、2014年12月12日(金曜日)に以下の要領で「公開シンポジウム2014『個別化医療を進めるために』」を開催しますので、ご案内いたします。

なお、事前登録に関しましては、日本遺伝子診療学会ホームページをご参照ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
● 日本遺伝子診療学会 遺伝子診断・検査技術推進フォーラム
「公開シンポジウム2014『個別化医療を進めるために』」
http://www.congre.co.jp/gene/frame/f_forum.html
● 日時  2014/12/12 (金) 10:00~17:30 〔受付開始〕9:30
● 会場  コクヨホール(品川)定員305名
〒108-8710 東京都港区港南1丁目8番35号 
コクヨショールームサービス株式会社
TEL:03-3450-3712  http://www.kokuyo.co.jp/com/hall/
●参加費 4,000円/[学生]無料  
[ミキサー]1,000円 ミキサー17:30~19:00 [会場] 公開シンポジウム会場内
●「日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム公開シンポジウム 2014」は、以下の専門医制度の研修会として認定されています。
* 臨床遺伝専門医制度 認定単位数: 3単位
* 臨床検査専門医制度 認定単位数: 2単位
●問い合わせ先:
日本遺伝子診療学会 公開シンポジウム事務局
e-mail: jsgdt-2014@congre.co.jp

▲ページの先頭

 2014/10/27
遺伝医療充実のための遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(充実GCRP研修会)のお知らせ

臨床遺伝専門医制度委員会では,暫定制度合格者を対象に遺伝カウンセリング技術のスキルアップを目的とした研修会(暫定GCRP研修会)を平成26年度は,全国14箇所で開催することとしております.
暫定GCRP研修会の受講申込を締め切ったところ,下記の研修会においては,暫定制度合格者以外の受講者を受け入れることができることが判明しましたので,遺伝カウンセリングのスキルアップを目指す臨床遺伝専門医,認定遺伝カウンセラー,その他の医師・医療職者等を対象に,「充実GCRP研修会」として,受講申込を受け付けることといたしました.受講を希望される方は,下記の点に留意し,下記URLよりお申し込み下さい.

               記

・研修内容は暫定GCRP研修会と同じです.
・基本カリキュラム:土曜日の5時間(原則として13:00-18:00 )
13:00-14:00 遺伝カウンセリング総論,ロールプレイ解説
14:00-16:00 遺伝カウンセリングロールプレイ①(ダウン症候群)
16:00-18:00 遺伝カウンセリングロールプレイ②(Duchenne型筋ジストロフィー)
・受講料:2万円(現地支払い)
・研修会参加単位:3単位(暫定GCRP研修会の単位とは異なります)
・ロールプレイ実習回数:2回
(日本人類遺伝学会または日本遺伝カウンセリング学会の会員ではない方が受講した場合,学会入会および研修開始届を提出することにより,今回の研修会の参加は研修単位として認められます.)
・研修内容は同一なので,参加登録できるのは1つの研修会のみです.
・受講申込URL    http://2014.jsgc-form.info/regist.php
・受講申込締切 11月7日(金)

日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会合同
臨床遺伝専門医制度委員会
臨床遺伝専門医暫定制度対策WG

ご案内詳細はこちらから(Word)

▲ページの先頭

 2014/10/23
Clinical Data Interchange Standards Consortium (CDISC)より,CDISC標準入門セミナー2015開催のお知らせをいただきました。

下記の内容、日時にて、「CDISC標準入門セミナー2015」を開催いたします。
CDISC標準は今後の治験・臨床試験の実施に大きな影響を与えるため,是非多くの方々のご参加をお待ちしております。

               記

日時:平成27年2月19日(木)13:30-18:55(受付開始:12:30)
場所:東京大学医学部教育研究棟14階鉄門記念講堂
会場地図:http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_02_09_j.html
受講料:営利団体(製薬会社、CRO、ITベンダー、一般企業):10,000円
非営利団体(大学、研究所、NPO等):5,000円
学部、大学院学生:1,000円

CDISC標準については,CDISCホームページ( http://www.cdisc.org/ )および関連資料( http://www.umin.ac.jp/cdisc/ )をご参照ください。

セミナーの詳細・申込方法につきましては,以下のページからご確認をお願いいたします。
http://www.umin.ac.jp/cdisc/index-seminar2015.htm

情報ネットワーク委員会
委員長 三宅秀彦

▲ページの先頭

 2014/09/29
第6回遺伝カウンセリング・アドバンストセミナー のお知らせ

第6回遺伝カウンセリング・アドバンストセミナー
筋強直性ジストロフィー

****************************************
●テ ー マ:筋強直性ジストロフィー
●日   時:平成27 年1 月10日(土)~ 11 日(日)
●会   場:大阪国際交流センター
〒543-0001 大阪市天王寺区上本町8-2-6
代表 Tel: 06-6773-8182 Fax: 06-6773-8421
●実行委員長:難波栄二(鳥取大学生命機能研究支援センター)
副実行委員長:斎藤加代子(東京女子医科大学)
後藤雄一(国立精神・神経医療研究センター)
****************************************

プログラム(暫定)

一般講義
1)疾患の基礎知識と成人の医療とケア  高橋正紀 (大阪大学 大学院医学系研究科 神経内科学)
2)先天型、古典型筋強直性ジストロフィーの小児期における診療のポイント  酒井規夫 (大阪大学 大学院医学系研究科 小児科学) 
3)筋強直性ジストロフィーの分子病態~治療  松浦 徹 (自治医科大学 医学部 内科学講座 神経内科学部門)
4)産婦人科の立場からみた筋強直性ジストロフィー患者の周産期管理,婦人科疾患について  秋澤叔香 (東京女子医科大学 産婦人科学講座)
5)筋強直性ジストロフィーの遺伝カウンセリング  浦野真理 (東京女子医科大学 附属遺伝子医療センター)
6)発症前診断  小松有希子 (国立精神・神経医療研究センター病院 遺伝カウンセリング室)
7)筋強直性ジストロフィーの出生前診断  難波栄二 (鳥取大学生命機能研究支援センター 遺伝子探索分野)
8)着床前遺伝子診断 - 新たな技術の導入と課題  末岡 浩 (慶應義塾大学 医学部 産婦人科学(産科))
9)日本筋ジストロフィー協会より  
斉藤利雄(国立病院機構 刀根山病院 神経内科)
菊留千枝子(日本筋ジストロフィー協会 大阪支部)
石原傳孝(国立病院機構 箱根病院 前院長)
矢澤健司(日本筋ジストロフィー協会)
ロールプレイ 2回分

募集人員:100 名 (うち遺伝カウンセリング学会会員枠定員70名、一般枠定員30名)(予定)
参加費:27,000 円(予定)
受付期間:遺伝カウンセリング学会の会員は優先的に申込みできます。
平成26年11月10日(月)の15時から17日(火)15時まで遺伝カウンセリング学会会員枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング学会会員に限り応募でき、会員番号(数字4桁)の入力が必要です。ただし定員に達した時点で締め切ります。
平成26年11月18日(火)の15時から12月8日(月)15時まで一般枠の参加者を募集します。遺伝カウンセリング会員であってもなくても応募できます。ただし定員に達した時点で締め切ります。
学会への入会:本セミナーに参加するために学会への入会を希望される場合は、ホームページに記載の要領で入会届けを以下の事務局に10月20日(月)必着で送付してください。書類に不備があった場合やこれ以降に申し込まれた場合は事務処理が間に合いませんので、一般枠での申込みになります。
会員番号:会員枠での申込みは会員番号(数字4桁)が必要です。不明の場合は事務局まであらかじめ余裕を持ってお尋ねください。

日本遺伝カウンセリング学会 事務局
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協会館  大学生協学会支援センター 
電話:03-5307-1175  ファックス:03-5307-1196
E-mail:iden.counseling@univcoop.or.jp

申込方法:Web で登録をお願いします。http://www.jsgc-form.info/11/ 
日本遺伝カウンセリング学会HP http://www.jsgc.jp/ からリンクしています。
単位認定:臨床遺伝専門医制度8 単位、認定遺伝カウンセラー制度8 単位、日本人類遺伝学会臨床細胞遺伝学認定士5 単位
主  催:日本遺伝カウンセリング学会
後  援:日本人類遺伝学会,日本遺伝子診療学会,全国遺伝子医療部門連絡会議
お問い合わせ先:遺伝カウンセリング研修会実行委員会事務局(兵庫医科大学産科婦人科)
E-mail: gckensyu@hyo-med.ac.jp お問い合わせはE-mail にてお願いいたします。

日本遺伝カウンセリング学会研修委員会 
研修委員長  澤井英明(兵庫医科大学産科婦人科准教授)
研修副委員長 三宅秀彦(京都大学医学部附属病院遺伝子診療部特定准教授)
担当理事   小杉眞司(京都大学大学院医療倫理学教授)

▲ページの先頭

 2014/08/14,2014/09/02 update
公開シンポジウム 「初等・中等教育課程における『ヒトの遺伝学』教育の課題と推進方策」開催のお知らせ

日本学術会議第2部会主催の公開シンポジウム「初等・中等教育課程における『ヒトの遺伝学』教育 の課題と推進方策」が以下の要領で開催されることとなりましたのでご連絡申し上げます。

なお,本シンポジウムは,日本遺伝カウンセリング学会も共催となっております。
皆 様のご参加をお待ち申し上げております。

             記 

公開シンポジウム
初等・中等教育課程における『ヒトの遺伝学』教育の課題と推進方策

主 催: 日本学術会議第二部会
共 催:お茶の水女子大学、日本人類遺伝学会、日本科学教育学会、
日本遺伝カウンセリング学会、 日本遺伝学会、人間情報学会、NPO法人遺伝カウンセリング・ジャパン

日時:平成26年9月6日(土)14:30~16:30
会場:お茶の水女子大学 理学部3号館 701室

次第
14:30 開会の挨拶
           山本 正幸 (日本学術会議第二部長、基礎生物学研究所 所長)
14:35 生物学教育におけるヒト多様性
           市石 博 (東京都立国分寺高校教諭)
15:05 ヒトの遺伝リテラシー向上を目指した遺伝医学関連学会の取組
           渡邉 淳 (日本医科大学附属病院遺伝診療科准教授)
15:35 パネルディスカッション
(司会) 室伏 きみ子 (日本学術会議第二部会員、 お茶の水女子大学名誉教授)
(パネリスト) 福嶋 義光 (日本学術会議連携会員、 信州大学医学部教授)
           齋藤 加代子 (東京女子医科大学 遺伝子医療センター教授)
           高田 史男 (北里大学大学院教授)
           薗部 幸枝 (お茶の水女子大学附属中学校教諭)
16:30 閉会

<参加申し込み> (締め切り: 9月5日に延長になりました)
受付FAX: 03-5978-5362 (お茶の水女子大学 室伏研)
e-mail: murofushi.kinenkai@gmail.com
参加費: 無料
定員: 200名

2014年9月6日 公開シンポジウム ポスター(PDF)

▲ページの先頭

 2014/08/08,2014/08/21 update
第2回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー受付開始のお知らせ

昨年に引き続き、日本遺伝カウンセリング学会と、日本遺伝看護学会との共同開催として、第2回遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーを企画いたしました。
会員の皆様はもちろん、同じ施設で出生前診断をめぐるケアに関心をお持ちの助産師・看護師の皆様にぜひお声をかけていただきますようよろしくお願い申し上げます。

日本遺伝カウンセリング学会 
研修委員会      委員長 澤井英明    担当理事 小杉眞司
遺伝看護委員会   委員長 中込さと子   担当理事 福嶋義光 玉置知子

第2回遺伝看護セミナーポスター(PDF)

主 催   日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会共同開催
実行
委員長
  中込さと子(山梨大学大学院医学工学総合研究部成育看護学講座)
期 日   平成26年11月8日(土曜)~平成26年11月9日(日曜)
会 場   東京医科歯科大学 3号館2F講義室1  所在地 113-8510 東京都文京区湯島1-5-45
対 象   妊婦ケアに取り組んでいる助産師・看護師・保健師・認定遺伝カウンセラー等の医療職の皆様の参加をお待ちしています。
(母性看護専門看護師、不妊看護認定看護師、助産外来助産師、分娩を扱う開業助産師、産科婦人科外来助産師・看護師、遺伝外来担当者、認定遺伝カウンセラーなど。)
募集人員   60名
受付期間   平成26年8月11日の予定~(定員60名となり次第終了となります。)
参加費用   25,000円(テキスト、両日の昼食、初日の夕方の軽食を含む)
申込方法   http://jsgc-form.info/ikc2014/
Web申し込みの後、返信にて申し込みの確認のメイルが送られます。
返信がない場合は返信アドレスをまずご確認ください。
セミナーの内容
第1日 10:30~11:15 妊婦ケアと出生前診断 遺伝医療の動向、妊婦健診とケアを通した助産師の役割
11:20~13:45 先天異常の理解 染色体異常、単一遺伝子疾患、奇形症候群
13:55~15:50 胎児の成長等を踏まえた妊娠管理 環境、感染症、薬剤に関する妊婦の不安への対応
15:55~18:20 出生前診断 超音波検査、侵襲的・非侵襲的検査
18:30~19:30 事例に関するグループ討議  
第2日 8:50~12:20 妊婦健診・ケアの実際 ヒストリー聴取、危機反応、サポート
13:10~16:00 演習・主にロールプレイ  
     ※ 当セミナーの受講で,認定遺伝カウンセラーの資格更新単位として5単位が 取得できます。

お問い合わせ  第2回遺伝看護セミナー事務局 Tel/Fax 055-273-8457
山梨大学大学院医学工学総合研究部成育看護学講座(担当 中込)
idenkango@yamanashi.ac.jp


▲ページの先頭

 2014/7/22
暫定制度合格者のための遺伝カウンセリングロールプレイ(GCRP)研修会のお知らせが届きました。

暫定制度による臨床遺伝専門医合格者(以下,暫定制度合格者)を対象とした平成26年度の遺伝カウンセリングロールプレイ(GCRP)研修会の開催要領をご連絡いたします.
 8月1日(金),暫定制度合格者宛てに,GCRP研修会参加への申込み方法および申込みに必要なURL・パスワードを,登録メールアドレスにお送りします.受講申込みの受付は,8月21日(木)18:00からを予定しています.
 なお,この研修会に参加すると更新に必要な研修会参加単位を7単位,ロールプレイ実習回数を2回,取得することができます.研修内容は同一なので,参加登録できるのは1つの研修会のみとなることにご注意下さい.

日本人類遺伝学会・日本遺伝カウンセリング学会合同
臨床遺伝専門医暫定制度対策ワーキンググループ

GCRP研修会 一般公開用URLはこちら
地域
責任者
開催日
時間帯
開催場所
北海道 櫻井晃洋(札幌医大) 2014/11/29(土) 9:00-14:00 札幌市ムトウ会館
東北 川目 裕(東北大) 2015/1/17(土) 13:00-18:00 東北大学
首都圏1 高田史男(北里大) 2015/2/14(土) 9:30-15:00 ユニコムプラザさがみはら
首都圏2 羽田 明(千葉大) 2015/1/31(土) 13:00-18:00 千葉大学
首都圏3 渡邉 淳(日本医大) 2015/1/24(土) 13:00-18:00 日本医科大学
首都圏4 小崎健次郎(慶応大) 2014/12/6(土) 13:00-18:00 慶応大学
甲信越 福嶋義光(信州大) 2014/12/20(土) 13:00-18:00 信州大学
東海 倉橋浩樹
(藤田保健衛生大)
2015/1/17(土) 13:00-18:00 藤田保健衛生大学
北陸 小杉眞司(京都大) 2015/2/21(土) 13:00-18:00
(予定)
金沢大学
近畿圏1 小杉眞司(京都大) 2014/12/6(土) 13:00-18:00 京都大学
近畿圏2 酒井規夫(大阪大) 2015/2/14(土) 13:00-18:00 大阪大学
中国 兵頭麻希(広島大) 2015/2/28(土) 13:00-18:00 広島大学
四国 井本逸勢(徳島大) 2015/2/28(土) 13:00-18:00 徳島市
九州 中村公俊(熊本大) 2015/1/24(土) 13:00-18:00 熊本大学


▲ページの先頭

 2014/7/4
臨床細胞遺伝学セミナー募集のご案内が届きました。

 第21回臨床細胞遺伝学セミナー(平成26年8月23日‐24日、家の光会館コンベンションホール、新宿区市ヶ谷船河原町11)開催期間中に、遺伝カウンセリングロールプレイ研修をオプション(有料)として行います。臨床遺伝専門医(暫定制度)資格更新として遺伝カウンセリングロールプレイ研修を希望する場合には、オプション2時間(23日午前)とsmall group meeting1時間(23日夜)の合計3時間参加してロールプレイ実習1回と算定されます。なお、臨床遺伝専門医資格更新のための単位数は、本セミナー2日間の全カリキュラムに参加して8単位になります。

【第21回臨床細胞遺伝学セミナーのご案内】
1. 会場:家の光会館コンベンションホール
     (新宿区市ヶ谷船河原町11 JR飯田橋駅から徒歩5分)
2.期日:2014年8月23日(土)~24日(日)
3.定員:150名(先着順受付)
4.受講料:(宿泊・食事は各自で用意)
  *一般 18,000円 
  *学生 8,000円(指導教官の推薦状添付)
5.オプション23日 9:30~11:30  
「染色体核型分析入門」「遺伝カウンセリングロールプレイ」開催致します。
(オプション費用は別途会場徴収致します。専門医資格更新のためのロールプレイとしては、オプション2時間とsmall group meeting 1時間の合計3時間で1回と算定されます。)
6.お申込み方法
参加受付開始は7月7日(月)12時より。
申し込み専用特設メールアドレスへ参加者のお名前・所属をご記入の上、送信して下さい。
折り返し、申込書を添付メールで送ります。
(申込みを開始致しましたら メールアドレスを掲載致します。)

1)臨床細胞遺伝学セミナーで臨床遺伝専門医更新単位・受験の8単位が取得できます。
2)今年の臨床細胞遺伝学セミナーではロールプレイを実施します。
●プログラム詳細は決定次第日本人類遺伝学会ホームページでご案内します。●

詳細はお知らせをお読みください
第21回臨床細胞遺伝学セミナーのお知らせ(PDF)

▲ページの先頭

 2014/7/4
臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー今年度面接受験者のための直前ロールプレイセミナーのご案内

遺伝医学セミナーの期間中(平成26年9月6日(土))、開催会場(ホテル阪急エキスポパーク)において、遺伝カウンセリング技術のスキルアップを目的としたセミナーを開催いたします.このセミナーは、「ロールプレイ実習の機会が少ない」との要望に対して今年度面接受験者を対象に行うものです.また、ロールプレイ実習が2回可能ですが研修単位の認定はありません.
なお対象は、今年度、「臨床遺伝専門医認定試験面接再受験者・同新規受験予定者・認定遺伝カウンセラー認定試験受験予定者」に限られます.対象の方には、事務局より7月中旬を目途に改めてご案内申し上げます.

▲ページの先頭

 2014/7/4
暫定制度合格者のための遺伝カウンセリングロールプレイ(GCRP)研修会のご案内

 暫定制度合格者を対象に遺伝カウンセリング技術のスキルアップを目的とした研修会を今後3年間,全国各地で開催します.この研修会に参加すると更新に必要な研修会参加単位を7単位,ロールプレイ実習回数を2回,取得することができます.各年度の研修内容は同一ですので,参加できるのは各年度につき1つの研修会のみです.
 各地域の研修会の日程・場所,および具体的な申込み方法等については7月中旬を目途に改めてご案内申し上げます.

1) 開催予定地域と研修会責任者(予定)
北海道  櫻井晃洋(札幌医大)
東北    川目 裕(東北大)
首都圏1 高田史男(北里大)
首都圏2 羽田 明(千葉大)
首都圏3 渡邉 淳(日本医大)
首都圏4 小崎健次郎(慶応大)
甲信越  福嶋義光(信州大)
東海    倉橋浩樹(藤田保健衛生大)
北陸    小杉眞司(京都大)
近畿圏1 小杉眞司(京都大)
近畿圏2 酒井規夫(大阪大)
中国    調整中
四国    井本逸勢(徳島大)
九州    中村公俊(熊本大)

2) 基本計画
・平成26年度~平成28年度の3年間実施
・各研修会の受講者数は30名程度
・平成26年度は平成26年11月から平成27年2月の土曜日に実施
・土曜日の5時間(原則として13:00-18:00 )
   13:00-14:00 遺伝カウンセリング総論,ロールプレイ解説
   14:00-16:00 遺伝カウンセリングロールプレイ 第一部
   16:00-18:00 遺伝カウンセリングロールプレイ 第二部
・受講料 2万円程度
・研修会参加単位:7単位,ロールプレイ実習回数:2回

▲ページの先頭

 2014/7/1
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 藤川大会長からのご挨拶

■--------------------------------------------------------------------
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 藤川大会長からのご挨拶が届きましたので,
会員の皆様にお知らせいたします。
--------------------------------------------------------------------■

向夏の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度は第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会に御参集いただきありがとうございます。皆様のご協力のおかげで予定していました全プログラムを支障なく実行することができました。参加者は招待者を含めて714名に達しました。
本学会の大いなる発展は会員数の急増にあらわれていると思いますが、その最中に今回の学術集会をお世話させていただいた幸運にも感謝しています。

市民公開シンポジウムには,一般市民、報道関係、学生など医療関係者以外の45名を含む、234名の方々にお集まりいただきました。市民公開講座では学会員のみならず、医療関係者、当事者とその関係者の方々合わせて131名のご参加がありました。
また、当事者団体のブースには16団体から75名の方々がご参加いただき、それらの方々から遺伝カウンセリングの社会的ニーズの高まりを再確認することができました。

第39回日本遺伝カウンセリング学会学術集会は千葉大学の野村文夫大会長のお世話で平成27年6月25日~28日(25日は委員会等)、三井ガーデンホテル千葉(千葉市中央区)にて開催されます。皆様との再会を楽しみにしています。

皆様の御研究のさらなる発展と御健康を祈りつつ、まずは御礼まで

平成26年7月吉日
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 大会長 
藤川和男
同 組織委員会一同

▲ページの先頭

 2014/6/25
生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会  追加募集のお知らせ

2014年2月26日にお伝えした『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会について追加申し込みのお知らせです。

申し込みの締切は過ぎましたが,若干名のキャンセルがあり追加募集が開始されたとのご連絡をいただきました。
ご参加を希望の方は,以下のHPをご参考にお申し込み下さい。
http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20140222.html

▲ページの先頭

 2014/5/7
本学会名誉会員の武部啓先生が瑞宝中綬章を叙勲なさいました。
心よりお祝い申し上げます。

この度,平成26年春の叙勲において,本学会名誉会員の武部啓先生が瑞宝中綬章を叙勲なさいました。
永年にわたり遺伝医学そして医療倫理へご尽力されたご功績が,叙勲の栄誉として認められましたことは,私ども日本遺伝カウンセリング学会会員にとりましても,大きな喜びであり,励みでもあります。
略儀ながらホームページ掲載をもってお祝い申し上げます。

▲ページの先頭

 2014/5/1
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局から,学術集会プログラム掲載のお知らせです。

2014年6月26日より開催される第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のプログラムを,HP上に掲載いたしました。
http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/gene/jsgc38/index.html
詳細は,HPの左メニューにあるプログラムからご覧ください。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

▲ページの先頭

 2014/3/7
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局からのお礼とお知らせです。

第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の演題募集は3月6日をもって締め切らさせていただきました。
多数ご応募くださり,ありがとうございました。

今後、演題の採択について、大会組織委員会より応募者に連絡させていただきます。
また、学術集会ホームページも順次アップしていきます。

皆様と学会会場でお目にかかれることを楽しみにしています。

第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局

▲ページの先頭

 2014/2/26
日本産科婦人科学会『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会開催のお知らせ

日本産科婦人科学会より,『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会開催のお知らせをいただきました。
詳細につきましては,以下のファイルをご覧ください。
詳細はこちら(PDFファイル)

▲ページの先頭

 2014/2/19
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局から,学術集会の演題締切延長のお知らせです。

演題募集締切を2014年2月20日正午としておりましたが,2週間延長し,2014年3月6日(木) 17時までといたします。

演題の応募につきましては,第38回学術集会のホームページからお願いいたします。
http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/gene/jsgc38/index.html

皆様のご応募をお待ち申し上げております。
▲ページの先頭

 2014/2/6
希少難病患者支援事務局(SORD-ソルド)より,チャリティーイベント開催のお知らせ(ご案内)

■---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
希少難病患者支援事務局(SORD-ソルド)より
チャリティーイベント開催のお知らせ(ご案内)
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------■

NPO法人 希少難病患者支援事務局(SORD-ソルド)が、
厚生労働科学研究事業 および 日本希少難病患者災害支援対策機構と共催し、
日本遺伝カウンセリング学会をはじめとする各種団体からの協賛,後援を受け、

チャリティーイベント『R-7000 LIVE & MARKET DONATION PARTY 2014 IN KYOTO』を
3月1日(土)、京都市勧業館「みやこめっせ」にて開催いたします。

「入場無料!」「京都発!全国初!」
誰もが楽しめ、誰もが来場することで「社会貢献」になる、熱い3000人の6時間!

詳細は,以下の"R-7000 LIVE & MARKET Donation Party 特設サイト"よりご覧下さい。
https://sites.google.com/site/r7000livemarket/home

チラシ(PDF)はこちらです。
https://www.sord.jp/download/index/page_lam/file_leaflet

皆様,ぜひお立ち寄りください。
▲ページの先頭

 2013/12/12(2013/12/16 更新)
中等教育における「ヒトの遺伝」の導入に向けたワークショップのお知らせ

この度,日本遺伝カウンセリング学会遺伝教育委員会、日本人類遺伝学会教育推進委員会が主催し,東京都生物教育研究会教育課程委員会,神奈川県生物教育研究会の共催で,中学校・高校に勤務される教員の方などを対象とした「中等教育における「ヒトの遺伝」の導入に向けたワークショップ」を1月13日(月・祝)に,東京で開催することになりました。

詳細は,以下のファイルをご覧下さい。
「中等教育における「ヒトの遺伝」の導入に向けたワークショップ」(Wordファイル)
▲ページの先頭

 2013/11/5
第1回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー申込終了のお知らせ

本日をもちまして,遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーの申込はキャンセル待ちを含めて終了させていただきます。

多くの方からのお申し込みいただき,ありがとうございました。

日本遺伝カウンセリング学会 
研修委員会      
委員長 澤井英明    
担当理事 小杉眞司

遺伝看護委員会   
委員長 中込さと子   
担当理事 福嶋義光 玉置知子
▲ページの先頭

 2013/10/22
第1回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーの受付について

日本遺伝カウンセリング学会と、日本遺伝看護学会との共同開催として企画しております,第1回遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーは,おかげさまをもちまして申し込みが定員の60名に達しました。

今後のご参加を希望される方は,キャンセル待ちになりますのでご容赦ください。
申込は,以下のURLからお願いいたします。
http://jsgc-form.info/ikc/

詳細はこちら(Wordファイル)

日本遺伝カウンセリング学会 
研修委員会      
委員長 澤井英明    
担当理事 小杉眞司

遺伝看護委員会   
委員長 中込さと子   
担当理事 福嶋義光 玉置知子
▲ページの先頭

 2013/10/17
第5回 遺伝カウンセリングアドバンストセミナー
ダウン症候群

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 
●テーマ: ダウン症候群
●日 時: 平成25年1月11日(土)~12日(日)
●会 場: 一橋大学一橋講堂
〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター内
東京メトロ 神保町駅 徒歩3分
●実行委員長:大橋博文 (埼玉県立小児医療センター 遺伝科)
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 

プログラム(暫定)
一般講義
自然歴と健康管理プログラム :清水健司 埼玉県立小児医療センター遺伝科
診断の告知とその後の支援 :張 香理 埼玉県立小児医療センター(認定遺伝カウンセラー)
ダウン症候群の遺伝医学 :倉橋浩樹 藤田保健衛生大学総合医科学研究所分子遺伝学研究部門
療育と教育 :菅野 敦 東京学芸大学教育実践研究支援センター
社会的資源と地域連携 :田中聡一郎 東北大学小児科 
成人期の生活と課題 :近藤達郎 みさかえの園総合発達医療福祉センターむつみの家
出生前診断とNIPT :澤井英明 兵庫医科大学産科婦人科
整形外科的合併症について :中村直行 神奈川県立こども医療センター整形外科
歯科的ケアについて :須田直人 明海大学歯学部歯科矯正学
本人・家族の会の活動について :ご家族の会から

ロールプレイ

募集人数:100名(予定)
参加費:26,500円
受付期間:平成25年11月7日(木)正午~平成25年12月16日(月)
申込方法:Webで登録をお願いします。http://www.jsgc-form.info/09/ 
日本遺伝カウンセリング学会HP http://www.jsgc.jp/ からリンクしています。
単位認定:臨床遺伝専門医制度 8単位  認定遺伝カウンセラー制度 8単位
     日本人類遺伝学会臨床細胞遺伝学認定士 5単位
主  催:日本遺伝カウンセリング学会
後  援:日本人類遺伝学会、日本遺伝子診療学会、全国遺伝子医療部門会議
お問い合わせ先:遺伝カウンセリング研修会実行委員会事務局(兵庫医科大学産科婦人科)
     E-mail: gckensyu@hyo-med.ac.jp
お問い合わせはE-mail にてお願いいたします。

日本遺伝カウンセリング学会研修委員会 
研修委員長 澤井英明(兵庫医科大学産科婦人科 准教授)
研修副委員長 三宅秀彦(京都大学医学部附属病院遺伝子診療部特定 准教授)
担当理事 小杉眞司 (京都大学大学院医療倫理学 教授)

第5回 遺伝カウンセリングアドバンストセミナー
▲ページの先頭

 2013/10/10
■-------------------------------------------------------------
  日本遺伝子診療学会 公開シンポジウムのお知らせ(お知らせ)
--------------------------------------------------------------■

日本遺伝子診療学会 遺伝子診断・検査技術推進フォーラムでは,
本年12月13日に以下のタイトルで公開シンポジウムを開催することになりました。

「個別化医療を進めるために」~具体化にむけた課題の克服~

詳細は以下のリンクよりご覧下さい。
http://www.congre.co.jp/gene/frame/f_forum.html
▲ページの先頭

 2013/10/01(2013/10/04修正)
第1回 遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナー受付開始のお知らせ

このたび、日本遺伝カウンセリング学会と、日本遺伝看護学会との共同開催として、看護職者を対象にした第1回遺伝看護<出生前診断をめぐるケア>セミナーを企画いたしました。 本セミナーは、「遺伝カウンセリング」実施者の認定を行うものではなく、助産師が産科医療において 遺伝医療技術が適切に運用されるケア体制の整備に貢献するために作られたプログラムです。 ここでは出生前診断に関連する諸項目を取り上げ、臨床適用できるアドバンスの内容を組み込んでいます。 会員の皆様はもちろん、同じ施設で出生前診断をめぐるケアに関心をお持ちの助産師・看護師の 皆様にぜひお声をかけていただきますようよろしくお願い申し上げます。

詳細はこちらから(Wordファイル)

※当初配信したファイルで,「不妊症看護認定看護師」が「不妊看護認定看護師」となっておりました。
関係の皆様には謹んでお詫び申し上げます。

申込は,以下のURLからお願いいたします。
http://jsgc-form.info/ikc/

日本遺伝カウンセリング学会 
研修委員会      
委員長 澤井英明    
担当理事 小杉眞司

遺伝看護委員会   
委員長 中込さと子   
担当理事 福嶋義光 玉置知子
▲ページの先頭

 2013/9/18
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第1報)

第38回学術集会のホームページ(http://ccpc01.cc.kindai.ac.jp/gene/jsgc38/index.html)を公開いたしました。
学術集会の情報は随時更新していく予定です。是非ともご覧下さい。
第38回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 大会長
近畿大学大学院総合理工学研究科 教授
同 遺伝カウンセラー養成課程 責任者
藤川 和男
▲ページの先頭

 2013/8/15
■--------------------------------------------------------------------
日本学術会議主催学術フォーラム
「新型出生前診断の広がりや遺伝医療の発展への対応:
ヒトの遺伝と遺伝性疾患の正しい理解に向けて」の開催について(ご案内)
--------------------------------------------------------------------■
1 日時:平成25年9月7日(土)13:30~16:30 
2 場所:日本学術会議講堂
3 趣旨
社会における遺伝リテラシーの定着と、遺伝医療の正しい発展のためにはどの様な方策や配慮が必要であるのか、教育関係者、人類遺伝学や遺伝性疾患・遺伝医療の専門家、行政関係者などにより、課題の所在を明らかにし、学術会議として何が出来るかを議論する。
4 プログラム(敬称略)
13:30 開会の挨拶:山本正幸(日本学術会議第二部長、かずさDNA研究所長)     
13:40 講演 I:「新型出生前診断 指針作成までの道のり」
久具 宏司(日本学術会議連携会員、東邦大学教授)
14:20 講演II:「非侵襲的出生前検査の現状と課題」
関沢 明彦(昭和大学教授)
15:00  (休憩)
15:10 パネルディスカッション(16:30終了)
(パネリスト):白石 直樹(都立豊島高校教諭)、
櫻井 晃洋(札幌医科大学教授)、
福嶋 義光(日本学術会議連携会員、信州大学教授)
司会:室伏きみ子(日本学術会議第二部会員、お茶の水女子大学寄附研究部門教授)
(問い合わせ・申し込み先)
日本学術会議HPに掲載している宛先
■参加費:無料
■申込
以下のURLよりお申込み下さい。
URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html
■問い合わせ先 
日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
〒106-8555東京都港区六本木7-22-34
電話: 03-3403-6295/FAX: 03-3403-1260
▲ページの先頭

 2013/7/7
第5回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーのお知らせ(第1報)

第5回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーについて日程と場所が決まりましたので,ご連絡いたします。

テーマ:Down症候群
実行委員長:埼玉県立小児医療センター 大橋博文先生
日程:2014年1月11日(土)~12日(日)の2日間
会場:一橋講堂(東京都千代田区)
募集定員:100名(予定)

募集開始時期など,詳細につきましては,決まり次第HPなどでご連絡いたします。

研修委員会 担当理事 小杉眞司,委員長 澤井英明
▲ページの先頭

 2013/6/20
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ

学会会期中は、天候不順や高温となることが予想されますので、
皆様、ご快適に過ごされるようクールビスでお越し下さい。

それでは、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

 2013/6/19
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ

来る6月20日より第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会が開催されます。
学会会期中について連絡がございますので、皆様にご案内申し上げます。

1.発表のご予定の方、座長を担当される方、また学術集会ご参加いただく方で、会期中に学会事務局に緊急連絡が必要な際(ご参加の変更、演題取り下げなど)は、学会事務局のアドレスisgc37@kitasato-u.ac.jpまでご連絡ください。
会場には固定電話のご用意がありませんので、ご不便をおかけいたしますが、ご連絡は全てメールにてお願い申し上げます。

2.学術集会会場はJR川崎駅、京急川崎駅最寄にございますが、会場までの道順が少々わかりづらいことが予想されますので、各駅改札周辺、順路のポイントに案内係が控えております。もし、会場の場所がお分かりにならない場合には、お気軽に案内係にお尋ねください。

会期中は梅雨らしい天候が予想されますが、会場内では皆様が快適にご参加いただけるよう、学術集会事務局一同取り組んで参ります。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2013/5/21
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第7報)

学術集会のホームページ(http://www.congre.co.jp/jsgc37/)を更新しました。

認定制度の単位、懇親会でのミニパフォーマンスの開催予定などを追加しましたので、ご確認下さい。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2013/5/2
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第6報)
学術集会のホームページ(http://www.congre.co.jp/jsgc37/)にプログラム等の詳細情報を掲載いたしましたので、ご確認下さい。

託児所につきましては、本学術集会会場内でのご用意はありませんが、
団体割引の可能性がある園もございますので、
ホームページの”参加者へのお知らせ”の”託児所について”をご確認の上、
ご希望の方は、第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局までご連絡ください。(6月7日締切)

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2013/4/30
第4回遺伝カウンセリング研修会受付開始のお知らせ
第4回遺伝カウンセリング研修会を、今年も7月の海の日を含む7月13日(土曜日)~15日(海の日)の3日間の予定で開催致します。今回は、京都大学医学部を会場としての開催となります。

研修会の受付および詳細は、下記のページ
http://www.jsgc-form.info/08/
よりお願いいたします。

本研修会では、遺伝カウンセリングの現場対応に必須の疾患やトピックの講義と、グループに分かれてのロールプレイや演習を通じて、遺伝カウンセリングの実 践力の増進を目指しています。遺伝カウンセリング学会会員のかたはもちろんのこと、臨床遺伝専門医を目指すかた、認定遺伝カウンセラー養成課程在学中のか た、すでに資格取得のかた、さらに幅広い領域の遺伝カウンセリングを始めようとするかた、遺伝カウンセリングに興味をお持ちの医療関係者のかたがたを対象 としております。

また、この研修会は、臨床遺伝専門医制度における専門医資格取得・更新、および認定遺伝カウンセラー制度、日本人類遺伝学会臨床細胞遺伝学認定士の資格更新の際の各単位として認められます。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

日本遺伝カウンセリング学会研修委員会
小杉眞司 京都大学医学研究科
澤井英明 兵庫医科大学
▲ページの先頭

2013/4/20
「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム」を公表しました.

2013年1月,日本医学会,全国遺伝子医療部門連絡会議,日本人類遺伝学会,日本遺伝カウンセリング学会は,「医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラ ム」を公表しました.このモデルカリキュラムは,全国医学部長病院長会議を通じて,国内全ての医学部に届けられるとともに,文部科学省高等教育局医学教育 課,厚生労働省医政局,社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構にも届けられています.

医学部卒前遺伝医学教育モデルカリキュラム(PDFファイル)

日本遺伝カウンセリング学会理事長 斎藤加代子
▲ページの先頭

2013/4/17
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第5報)

学術集会のホームページ(http://www.congre.co.jp/jsgc37/)にプログラム等の情報を更新しておりますので、ご覧ください。
(プログラムに一部変更があります。)

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2013/4/1
日本遺伝カウンセリング学会 新執行部発足のお知らせ

2013年度より,日本遺伝カウンセリング学会は昨年の評議員改選に基づき,新体制に移行します。3月8日に新旧合同理事会が開催され,新たな執行部が決定いたしましたので,以下のようにご報告いたします。

理事長:斎藤加代子
理事: 川目裕,小杉眞司,澤井英明,高田史男,平原史樹,山内泰子
監事: 玉置知子,福嶋義光
幹事: 浦野真理,三宅秀彦

研修委員会          担当理事:小杉眞司 委員長:澤井英明
編集委員会          担当理事:平原史樹 委員長:渡邉 淳
倫理問題検討委員会   担当理事:小杉眞司 委員長:黒澤健司
専門医制度委員会     担当理事:高田史男 委員長:羽田 明
認定遺伝カウンセラー制度委員会
担当理事:川目 裕・山内泰子 委員長:川目 裕
情報ネットワーク委員会 担当理事:高田史男 委員長:三宅秀彦
遺伝看護委員会      担当理事:福嶋義光・玉置知子 委員長:中込さと子
国際交流委員会      担当理事:川目 裕 委員長:川目 裕・山内泰子
遺伝学的検査委員会   担当理事:澤井英明 委員長:野村文夫
遺伝教育委員会      担当理事:川目 裕 委員長:櫻井晃洋
保険委員会         担当理事:高田史男 委員長:高田史男
出生前診断遺伝カウンセリング検討委員会
?担当理事:平原史樹 委員長:金井 誠

今期より「出生前診断遺伝カウンセリング検討委員会」を新設し,出生前診断の遺伝カウンセリングのあり方について,幅広い見地から検討を行ってまいります。
また,地域遺伝サービス委員会(2009~2012年度)の内容は遺伝看護委員会にて取り組むこととし,将来計画委員会(2009~2012年度)は廃止し理事会で対応することといたしました。

これからの4年間,この新体制で日本遺伝カウンセリング学会を運営してまいります。皆様とともによりよい学会運営を目指してまいりますので,よろしくお願い申し上げます。

日本遺伝カウンセリング学会理事長 斎藤加代子
▲ページの先頭

2013/2/20
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録受付期間延長のお知らせ

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録の受付期間を延長いたします。
受付は2013年2月28日(木)正午までです。再延長はありません。
皆様からのご応募をお待ちしています。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会
日程:2013年6月20日(木)~23日(日)
会場:川崎市産業振興会館
詳しくは第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のホームページ
http://www.congre.co.jp/jsgc37/index.html)をご覧ください。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 事務局
▲ページの先頭

2013/2/18
「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」が文部科学省HPに掲載されました

平成25年2月8日公布,平成25年4月1日施行の「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」についての情報が文部科学省HP<http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/25/02/1330734.htm>に掲載されましたので,お知らせします.

2013/2/13
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録受付中

現在、第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録を受付しています。
受付締め切りは2013/2/21(木)正午までとなっています。
締め切り間近は混雑が予想されますので、お早めのご登録にご協力ください。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会
日程:2013年6月20日(木)~23日(日)
会場:川崎市産業振興会館
詳しくは第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のホームページ(http://www.congre.co.jp/jsgc37/index.html)をご覧ください。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 事務局
▲ページの先頭

2013/2/8
■------------------------------------------------------------------------
日本学術会議主催 学術フォーラム「初等・中等教育課程における「ヒトの遺伝学」
教育の推進と社会における遺伝リテラシーの定着」開催のご案内
-------------------------------------------------------------------------■

■日時:平成25年3月1日(金)14:30~17:00
■会場:日本学術会議 講堂
■後援:医歯薬アカデミー
■趣旨
我が国では、初等・中等教育課程において、ヒトの遺伝についての教育がほとんど行われていない。そのため、遺伝学や遺伝医療における今日の大きな進歩を 正しく受け止め活用していくための社会一般の理解が著しく不足している。人々が遺伝子や遺伝について間違った情報を鵜呑みにすることや、遺伝性疾患やその 患者について誤解や偏見を生むことがないように、初等・中等教育課程からの遺伝学教育の必要性が叫ばれるようになって久しいが、未だ実現に至っていない。
社会における遺伝リテラシーの定着のために、また、遺伝医療の正しい発展のために、遺伝学教育の進展は極めて重要である。遺伝学や遺伝性疾患・遺伝医療の専門家などにより、課題の所在を明らかにし、学術会議として何が出来るかを議論する。

■プログラム 【敬称略】
14:30~14:35 挨拶 : 山本 正幸(日本学術会議第二部長、かずさDNA研究所所長)
14:35~15:05 基調講演:金澤 一郎(日本学術会議連携会員、元・日本学術会議会長)
15:05~17:00 パネルディスカッション
斎藤 成也(日本学術会議第二部会員、
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所集団遺伝研究部門教授)
大隅 典子(日本学術会議第二部会員、東北大学大学院医学系研究科教授)
高田 史男(北里大学大学院医療系研究科教授)
斎藤 加代子(東京女子医科大学付属遺伝子診療センター所長)
福嶋 義光(信州大学医学部長)
町野 朔 (日本学術会議連携会員、上智大学生命倫理研究所教授)
菱山 豊 (文部科学省研究振興局振興企画課長)  

コーディネーター :室伏 きみ子(日本学術会議第二部会員、
お茶の水女子大学大学院人間文化創成科学研究科教授)

■参加費:無料
■申込
以下のURLよりお申込み下さい。
URL:https://form.cao.go.jp/scj/opinion-0003.html
■申込、参加に関する問い合わせ先
日本学術会議事務局企画課学術フォーラム担当
〒106-8555東京都港区六本木7-22-34
電話: 03-3403-6295/FAX: 03-3403-1260
▲ページの先頭

2013/1/31
日本遺伝カウンセリング学会次期理事長および監事の確定について(公告)

過日選挙の結果、日本遺伝カウンセリング学会次期(2013~2016年度)理事長お よび監事が選出されましたので公告致します。

詳細はこちら(Word / PDF
▲ページの先頭

2013/1/22
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録受付開始のお知らせ

2013年6月20日(木)~23日(日)に開催されます第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会の一般演題登録の受付を開始しました。受付は2013/2/21(木)正午までです。
詳しくは第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のホームページ (http://www.congre.co.jp/jsgc37/index.html)をご覧ください。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会 事務局
▲ページの先頭

2012/12/29
日本遺伝カウンセリング学会次期理事確定について(公告)

詳細はこちら(Word / PDF

2012/12/25
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第2報)

学術集会のホームページ(http://www.congre.co.jp/jsgc37/)を公開いたしました。
情報は随時更新予定ですのでご覧ください。

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2012/12/11
日本遺伝カウンセリング学会次期評議員確定について(公告)

過日選挙の結果、日本遺伝カウンセリング学会次期(2013~2016年度)評議員が選出されましたので公告致します。

詳細はこちら(Word / PDF

2012/12/04
「第1回日本HBOCコンソーシアム学術総会」の開催のご案内

日本HBOCコンソーシアムは、10月に設立された非営利団体です。
その設立記念に、来年1月20日(日)に第1回日本HBOCコンソーシアム学術総会を東京で開催いたします。
学術総会の詳しい案内はホームページ(http://hboc.jp/guide/index.html)をご覧下さい。
▲ページの先頭

2012/11/26
公開シンポジウム『個別化医療を進めるための課題と今後の展望』の案内が日本遺伝子診療学会より届きました.
詳細はこちらまで.

2012/10/05
役員選挙に関するお知らせ

今年度は日本遺伝カウンセリング学会役員選挙の年に当たります。
会則と細則に基づき、以下のとおりお知らせします。

正会員の方は、当学会ホームページ選挙人・被選挙人名簿を開き、各自の氏名および職種群を確認してください。
ファイルを開くパスワードは会員に配信する選挙告知メールもしくははがき(アドレス不明者)をご覧下さい。
掲載期間は10月5日~10月22日です。
職種群は、A群:医師、歯科医師、 B群:看護職(看護師、助産師、保健師)、 C群:認定遺伝カウンセラー、 D群:A~C群以外 の4群です。
今回実施する役員選挙の選挙権と被選挙権は、3年以上の会費滞納をしていない2012年9月25日時点で会員登録されている正会員が有します。
準会員(学生会員)・名誉会員・賛助会員は該当しません。
氏名が見あたらない、職種群が違っている等、異議のある方は
日本遺伝カウンセリング学会事務局
(tel 03-5307-1175、fax 03-5307-1196、 e-mail:iden.counseling@univcoop.or.jp)へ、10月22日までにご連絡ください。

2012年10月5日
日本遺伝カウンセリング学会選挙管理委員会 
委員長 高田 史男 副委員長 川目 裕
委 員 斎藤 加代子  委 員 野村 文夫
▲ページの先頭

2012/9/10
平成24年度公開シンポジウム「ゲノム診療の未来を考える ―遺伝学的検査の提供体制のあり方―」のお知らせ

厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業「遺伝学的手法における診断の効果的な実施体制に関する研究」班 による平成24年度公開シンポジウム「ゲノム診療の未来を考える ―遺伝学的検査の提供体制のあり方―」 が9月22日に開催されます.
詳細はこちら をご参照下さい.
▲ページの先頭

2012/9/6
第4回遺伝カウンセリングアドバンストセミナー受付開始のお知らせ

第4回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーの今回のテーマは「マルファン症候群に関わる各診療科の最新の話題と遺伝カウンセリングの要点を学ぶ!」
森崎裕子先生(国立循環器病研究センター研究所・臨床遺伝科)を実行委員長に2012年12月8日(土)~9日(日)、東京大学山上会館にて開催いたします。内科、外科、眼科、小児科、整形外科、産婦人科の各先生方からの講義や患者会の方からのお話を通して、マルファン症候群の診療と遺伝カウンセリングのすべてを学ぶことを目指しています。
詳細はこちら[pdf]をご参照下さい。
ポスターはこちら[pdf]
上記セミナーの受講を希望される方は、下記からお申し込みください。
http://jsgc-form.info/07/

今回のセミナーでは、遺伝カウンセリングの現場対応に必須の疾患やトピックの講義と、グループに分かれてのロールプレイや演習を通じて、遺伝カウンセリングの実践力の増進を目指しています。遺伝カウンセリング学会会員のかたはもちろんのこと、臨床遺伝専門医を目指すかた、認定遺伝カウンセラー養成課程在学中のかた、すでに資格取得のかた、さらに幅広い領域の遺伝カウンセリングを始めようとするかた、遺伝カウンセリングに興味をお持ちの医療関係者のかたがたのご参加を心よりお待ちしております。

日本遺伝カウンセリング学会研修委員会
小杉眞司 京都大学医学研究科
玉置知子 兵庫医科大学 こちらまで.
▲ページの先頭

2012/7/5
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会のお知らせ(第1報)

来年の学術集会の日程と会場が確定しましたのでお伝えします。

日 程:2013年6月20日(木)~23日(日)(20日(木)は理事会のみ)

会 場: 川崎市産業振興会館
〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町66-20
最寄り駅(JR川崎駅・京急川崎駅)まで、横浜駅から8分、
羽田空港国内線ターミナル駅から16分、JR新幹線品川駅から9分、東京駅から17分、

事務局:〒252-0373神奈川県相模原市南区北里1-15-1
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座内
第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会事務局
電 話:042-778-7966
ファクス:042-778-7985
メール:jscg37@kitasato-u.ac.jp
ホームページ:準備中

第37回日本遺伝カウンセリング学会学術集会大会長
北里大学大学院医療系研究科臨床遺伝医学講座教授
高田史男
▲ページの先頭

2012/5/9
日本産科婦人科学会主催の『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会開催のご案内

募集締め切りを5月末まで締め切りを延期します
[日本産科婦人科学会トップページ「最新のお知らせ」:URL]→ http://www.jsog.or.jp/index.html
[コンテンツサイト:URL]→ http://www.jsog.or.jp/news/html/announce_20120228.html
▲ページの先頭

2012/5/1
第3回遺伝カウンセリング研修会受付開始のお知らせ

7月の海の日を含む連休の開催が恒例となった遺伝カウンセリング研修会も、今年が第3回となります。
7月14日(土曜日)~16日(海の日)の3日間の予定で開催致します。場所は、第3回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーと同じ、東京大学山上会館です。 詳細はこちら[Wordpdf]をご参照下さい。
上記研修会の受講を希望される方は、下記からお申し込みください。
http://jsgc-form.info/06/

今回の研修会では、遺伝カウンセリングの現場対応に必須の疾患やトピックの講義と、グループに分かれてのロールプレイや演習を通じて、遺伝カウンセリングの実践力の増進を目指しています。遺伝カウンセリング学会会員のかたはもちろんのこと、臨床遺伝専門医を目指すかた、認定遺伝カウンセラー養成課程在学中のかた、すでに資格取得のかた、さらに幅広い領域の遺伝カウンセリングを始めようとするかた、遺伝カウンセリングに興味をお持ちの医療関係者のかたがたのご参加を心よりお待ちしております。

日本遺伝カウンセリング学会研修委員会
小杉眞司 京都大学医学研究科
玉置知子 兵庫医科大学
▲ページの先頭

2012/4/18
第3回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーの最終ご案内

第3回遺伝カウンセリングアドバンストセミナー「先天代謝異常症」(実行委員長 松原洋一先生、2012年5月26日(土)ー26日(日)、東大山上会館)については、受講者多数のため、残席がわずかとなってきております。受講をお考えの方は、早目にお申し込み下さい。受付は、下記で行っております。
http://jsgc-form.info/05/
▲ページの先頭

2012/4/18
「国立精神・神経医療研究センター 遺伝カウンセリングセミナー」のご案内

国立精神・神経医療研究センターより、国立精神・神経医療研究センター 遺伝カウンセリングセミナーを開催するとのお知らせを頂きましたので、ご案内いたします。

第1回 国立精神・神経医療研究センター 遺伝カウンセリングセミナー ミトコ ンドリア病
案内書(pdf) 申込書(Excelファイル)

第2回 国立精神・神経医療研究センター 遺伝カウンセリングセミナー
Duchenne型筋ジストロフィー
案内書(pdf) 申込書(Excelファイル)
▲ページの先頭

2012/4/13
「放射線被曝と遺伝カウンセリング」についての総説の掲載

「放射線被曝と遺伝カウンセリング」についての下記の二つの総説が、週刊『医学のあゆみ』編集部のご厚意により、NPO法人遺伝カウンセリング・ジャパンのHP<http://www.npo-gc.jpn.org/for_GC.html>に掲載されましたので、ご案内申し上げます。

千代豪昭:放射線被曝の不安にいかに対応するか
― 遺伝カウンセリングの立場から 医学のあゆみ 240:671 -677, 2012
黒木良和:住民が不安がる福島原発事故の実態とは
― 事故後 3 カ月間の電話相談から 医学のあゆみ 240:1000 -1004, 2012

これらの総説は、「第56 回日本人類遺伝学会(2011 年11 月開催)」におけるシンポジウム「放射線被曝と遺伝学」(座長:千代豪昭・島田義也氏)の講演内容 をもとに執筆されたものです。

日本遺伝カウンセリング学会
理事長 福嶋義光

2012/4/13
『生殖医療に関する遺伝カウンセリング受入れ可能な臨床遺伝専門医』認定講習会開催のご案内

詳細はこちらから
▲ページの先頭