新着情報一覧


2022/9/21

第25回遺伝性腫瘍セミナー開催および受講申し込み開始のご案内

皆様におかれましては、益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、一般社団法人日本遺伝性腫瘍学会では、遺伝性腫瘍を対象とした遺伝医療の教育を目的としたセミナーを毎年開催しておりますが、2022年度第25回のセミナーとして、「遺伝性内分泌腫瘍を中心に」をテーマとして企画しました。
新型コロナウイルス感染症の状況を踏まえ、本年も、①事前録音済みスライドの集中配信とライブでのChat質問受付を実施し、②その講義を事後に、オンデマンド配信でも視聴できる、 e-learning形式で開催する予定です。

また、Zoomを利用したロールプレイ研修も実施いたしますので、是非ご参加ください。
このたび受講申込み受付を開始いたしましたので、ご案内いたします。
下記よりお申し込みをお願いいたします。

http://totalmap.co.jp/seminar-jsht/entry/index.html
締切:2022年09月30日予定

プログラム等の詳細は、ホームページからご覧いただくことができます。御検討いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

日本遺伝性腫瘍学会遺伝性腫瘍セミナー委員会 委員長
中島 健(京都大学大学院医学研究科 医療倫理学・遺伝医療学)

第25回遺伝性腫瘍セミナー プログラム委員長
櫻井 晃洋(札幌医科大学医学部 遺伝医学)
内野 眞也(医療法人野口記念会 野口病院 外科)

【お問い合わせ先】
遺伝性腫瘍セミナー運営事務局
有限会社トータルマップ 内 担当:飛松
TEL: 079-433-8081
E-mail : seminar-jsht@totalmap.co.jp

2022/9/20

第9回遺伝看護セミナーのご案内
「治療法のある希少難病をもつ子どもと家族-子どもの病気から遺伝の基礎、移行期医療について学ぶ-」

第9回遺伝看護セミナー(Webセミナー)を以下の予定で開催いたします。
11月中旬より申込を開始します。皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2023年2月6日(月)~2023年3月19日(日)
 ライブセミナー:2023年2月下旬または3月上旬の予定
 セミナー申込者限定の当事者の方のお話、事例ディスカッションを企画しています。
 ライブセミナーはオンデマンド配信の予定はございません。
【方法】Webセミナー(オンデマンド講義+ライブセミナー)
【対象】小児看護/難病看護/遺伝看護に関心ある看護職、難病相談員、認定遺伝カウンセラー®、 養護教諭、保育士、教育関係者、医療系学生など
 ※日本難病看護学会認定「難病看護師」更新ポイント対象研修
【参加費】
 会員(日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会)3,000円
 非会員5,000円
【申込み】https://jsgc-form.info/gn2022/
 申込期間 2022年11月18日(金)10:00~2023年1月7日(土)12:00

【プログラム(予定)】
・各講義は20~30分の動画です。
・看護師、医師、養護教諭、教員など多彩な講師陣です。

 希少難病をもつ子どもと家族のケア
 先天代謝異常症について学ぶ
 希少難病の子どもと家族への支援を考える
 ・子どもと病気について話す
 ・通院治療を受けながら学校生活を送る
 ・通院治療を受けながら生活する
 ・移行期医療の現状と課題
 ・難病医療における社会資源
 事例をより理解するために:ポンぺ病の概要(症状・治療等)

 トピック
 ・ヒト遺伝学の基礎・家系図
 ・遺伝看護とは
 ・新生児マススクリーニングの現状
 ・特別支援学校の教育

【問合せ先】
 第9回遺伝看護セミナー事務局
 E-mail : 9th-gn-seminar@slcn.ac.jp

ご案内(pdf)

2022/9/12

遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会(第8回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会)のご案内

第8回日本産科婦人科遺伝診療学会学術講演会で行われる遺伝カウンセリング・ロールプレイ研修会について、ご案内をさせていただきます。
参加には事前の申込みが必要となりますので、下記ページの「腫瘍」「生殖」からお申し込みください。詳細についても下記よりご確認下さい。

http://jsgog8.umin.jp/roleplay.html
何卒よろしくお願い申し上げます。

【テーマ】
腫 瘍:リンチ症候群を疑う際の遺伝カウンセリング
  ~免疫組織化学染色と MSI 検査を使いこなす!~
生 殖:反復流産(PGT-A)における遺伝カウンセリング

【日時】2022年10月29日(土)15:00 ~18:30
※受付は 14:30 から行います。

【場所】
朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
〒950-0078 新潟市中央区万代島 6-1 TEL:025-246-8400

【参加費】
医師(会員)10,000 円、医師(非会員)20,000 円、医師以外 3,000 円
(学術講演会参加費は別途必要です。)

【問合せ先】
一般社団法人 日本産科婦人科遺伝診療学会事務局
〒102-0083
東京都千代田区麹町 4-7 麹町パークサイドビル 402
TEL:03-5215-8696 / FAX:03-5275-1192
E-mail : jsgog@macc.jp
学会ホームページ : https://jsgog.jp

2022/9/2

第8回リンチ症候群研究会シンポジウム市民公開フォーラムのご案内

「第8回リンチ症候群研究会シンポジウム市民公開フォーラム」について、ご案内申し上げます。本シンポジウムは順天堂大学病院やがん研有明病院の先生方が中心となって毎年開催してきたもので、近年は市民公開フォーラムとして一般の方や当事者の方にもご参加いただいております。
昨年に続き Zoom によるウェビナー形式で開催いたしますので、ご都合よろしければぜひご参加ください。また、皆様の病院でフォローアップされているリンチ症候群の方々にもご紹介いただければと存じます。概要は以下の通りです。プログラムの詳細はご案内のチラシをご参照ください。皆様のご参加をお待ちしております。

【日 程】2022年10月1日(土)
【時 間】14:00~16:30
【開催形式】Zoom ウェビナー(インターネットによるオンライン配信)
【参加費】無料
【定 員】500 名
【当番世話人】野水 整(公益財団法人星総合病院 外科)
【申込方法】ご案内のチラシに掲載されている申込用フォームへの入力、または専用メールアドレスへ連絡 (Lynch2022@hoshipital.jp)
【問い合わせ先】Lynch2022@hoshipital.jp


ご案内(pdf)

2022/7/4

第29回日本遺伝子診療学会大会のお知らせ

このたび、「第29回日本遺伝子診療学会大会」を、下記のとおり開催いたします。

【大会名】第29回日本遺伝子診療学会大会
【開催日時】令和4年7月15日(金)~16日(土)
【開催会場】金沢市文化ホール 会議棟 現地・Webライブ配信
     (後日 オンデマンド配信あり)
【大会長】金沢大学附属病院 遺伝診療部・遺伝医療支援センター 渡邉 淳
【副大会長】富山大学附属病院 遺伝子診療部 仁井見 英樹
【テーマ】遺伝子診療・ゲノム診療の次の一手
  ―リテラシーとアクセシビリティの向上を目指して―
【URL】 https://gakkai-gran.jp/jsgdt2022

 日本遺伝子診療学会は「遺伝子関連技術の臨床的応用に関する研究の推進と向上および良質な遺伝子診療の推進と発展・普及をはかること」を目的とし、遺伝医学関連学会の中で臨床検査(遺伝子関連検査)と臨床遺伝・医療との橋渡しをしています。
 特に今大会では、2年ぶりの診療報酬改定や11年ぶりに改定された日本医学会遺伝学的検査・診断に関するガイドラインへの対応だけでなく、次期改定、人材養成(リテラシー)や地域差(アクセシビリティ)等の『遺伝子関連検査』が今有するさまざまな課題を見通し、「遺伝子診療・ゲノム診療の次の一手」をテーマとしました。本大会では、会場(金沢)だけでなくお住まい・ご勤務の地域からもwebを通してライブで情報の共有、討議にご参加いただくことで、次の日から現場に還元できることを目指しています(口演の多くは後日オンデマンド配信いたします)。本大会ご参加により、臨床遺伝専門医、認定遺伝カウンセラー(R)等の臨床遺伝関専門職の更新単位を取得することができます。
 大会のご参加により様々な気づきを得ていただけるように、現在準備を鋭利準備進めております。市民公開講座「もっと身近な遺伝子の検査」も開催します。ぜひ、ご参加をお待ちしています。

ご案内(pdf)

ポスター(pdf)

2022/6/17

「第32回遺伝医学セミナー」 参加登録のお願い

この度、2022年9月10日(土)~11日(日)に三井ガーデンホテル千葉で開催されます第32回遺伝医学セミナーの現地参加の「臨床遺伝専門医研修の専攻医」参加登録が2022年6月6日より先行して開始されました。本年は当セミナーを集合型開催とオンデマンド配信を併用したハイブリッド型として開催致します。

臨床遺伝専門医研修の専攻医 早期申込期間:2022年6月6日(月)16時~6月20日(月)15時59分

今一度、日本人類遺伝学会のHPにて内容を確認の上、お申し込み下さい。
尚「臨床遺伝専門医研修の専攻医」以外の方は、6月20日(月)16時以降のご登録をお願い致します。

※現地参加の募集人数は100名です。募集人数に達した場合は、申込締切日以前に終了することがあります。
※オンデマンド参加(定員, 1000名)ご希望の方は、2022年6月27日(月)16時からの受付となります。専攻医の方も、オンデマンド参加をご希望の場合は6月27日(月)16時より受付となります。

参加登録につきましては、下記URLよりご登録下さい。
参加登録サイト:https://va.apollon.nta.co.jp/jshg32/

※「はじめての方へ」ボタンより、新規利用登録をお願いします。
※本サイトのログインIDは学会のIDとは異なりますので、ご注意下さい。

遺伝医学セミナーは、臨床遺伝専門医制度における専門医取得更新の単位を与える研修会として、毎年多くの方にご参加いただいております。
充実した内容を準備しておりますので、ぜひ皆様のご参加をお待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願い致します。

【企画・運営】 日本人類遺伝学会 遺伝医学セミナー実行委員会
委員長 佐村 修(東京慈恵会医科大学産婦人科学講座)
【事 務 局】
株式会社日本旅行 東日本法人支店内(担当:江草、森)
〒 103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 10-11日本橋府川ビル2階
Tel:03-6892-5104 Fax:03-6892-1830 E-mail:jshg_seminar@nta.co.jp


2022/6/17

「第32回遺伝医学セミナー」 参加登録のお願い

この度、2022年9月10日(土)~11日(日)に三井ガーデンホテル千葉で開催されます第32回遺伝医学セミナーの現地参加の「臨床遺伝専門医研修の専攻医」参加登録が2022年6月6日より先行して開始されました。本年は当セミナーを集合型開催とオンデマンド配信を併用したハイブリッド型として開催致します。

臨床遺伝専門医研修の専攻医 早期申込期間:2022年6月6日(月)16時~6月20日(月)15時59分

今一度、日本人類遺伝学会のHPにて内容を確認の上、お申し込み下さい。
尚「臨床遺伝専門医研修の専攻医」以外の方は、6月20日(月)16時以降のご登録をお願い致します。

※現地参加の募集人数は100名です。募集人数に達した場合は、申込締切日以前に終了することがあります。
※オンデマンド参加(定員, 1000名)ご希望の方は、2022年6月27日(月)16時からの受付となります。専攻医の方も、オンデマンド参加をご希望の場合は6月27日(月)16時より受付となります。

参加登録につきましては、下記URLよりご登録下さい。
参加登録サイト:https://va.apollon.nta.co.jp/jshg32/

※「はじめての方へ」ボタンより、新規利用登録をお願いします。
※本サイトのログインIDは学会のIDとは異なりますので、ご注意下さい。

遺伝医学セミナーは、臨床遺伝専門医制度における専門医取得更新の単位を与える研修会として、毎年多くの方にご参加いただいております。
充実した内容を準備しておりますので、ぜひ皆様のご参加をお待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願い致します。

【企画・運営】 日本人類遺伝学会 遺伝医学セミナー実行委員会
委員長 佐村 修(東京慈恵会医科大学産婦人科学講座)
【事 務 局】
株式会社日本旅行 東日本法人支店内(担当:江草、森)
〒 103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 10-11日本橋府川ビル2階
Tel:03-6892-5104 Fax:03-6892-1830 E-mail:jshg_seminar@nta.co.jp


2022/6/7

日本遺伝子診療学会 第21回臨床遺伝情報検索講習会のご案内

日本遺伝子診療学会では、第21回臨床遺伝情報検索講習会をオンライン e-ラーニング 形式にて開催致します。参加申込、受講につきましては日本遺伝子診療学会HP(http://www.gene-dt.jp/workshop.html)をご確認下さい。本講習会の参加証明は、臨床遺伝専門医(3単位)、認定遺伝カウンセラー(5単位)の更新単位となっております。

多くの皆様の受講をお待ちしております。

【日時】2022年6月10日(金)0:00 ~ 2022年7月12日(火)23:59
【開催形式】e-ラーニングシステムを利用したウェブ配信
【プログラム】
 ・リピート伸長病の解析について
  宮武 聡子 先生(横浜市立大学附属病院遺伝子診療科)
 ・がんゲノムプロファイリング検査~検出遺伝子異常の生物学的意義を評価するために~
  久保 崇 先生(国立がん研究センター中央病院 臨床検査科、国立がん研究センター研究所
    臨床ゲノム解析部門)
【参加費】日本遺伝子診療学会 会員4,200円 非会員10,200円
【申し込み】WEB登録をお願いいたします。
https://survey.mynavi.jp/cre/?enq=1ls89oVQRrE%3d
 申込期間
 2022年6月6日(月)9:00~2022年7月6日(水)23:59

【問い合わせ】日本遺伝子診療学会事務局
 TEL 03-6267-4550
 E-mail: maf-gene@mynavi.jp


ご案内(pdf)

2022/5/24

第12回遺伝カウンセリング研修会のご案内

------
2022.06.03 第12回遺伝カウンセリング研修会RPについてのお知らせ
RPは定員60名会場での対面開催を予定しておりましたが、多くの皆様よりご参加の希望をいただきましたことから、開催形式をオンライン形式とし、募集定員を増加しての追加応募をさせていただくこととなりました。
開催間際での変更となり、参加希望者の皆様にはご心配をお掛けして申し訳ございません。
なお既にお申込みいただいている方は参加申し込み済みとさせていただきますのでご安心ください。 開催形式変更により、ご参加されない場合にはお手数ですが学会事務局までご連絡をお願いいたします。
------

日時:
講義(オンデマンド配信)2022年7月8日(金)-24 日(日)(予定)
RP(対面開催)オンライン開催 2022年7月23日(土)-24 日(日)
  2022年7月23日(土)12:50-18:00
  2022年7月24日(日)9:20-17:40
会場:いわて県民情報交流センター(岩手県盛岡市盛岡駅西通1丁目7番1号)
https://www.aiina.jp/
オンライン開催 ※盛岡会場での対面RPは行いません。
開催形式:RP 会場開催(講義オンデマンド事前配信)
定員:(日本遺伝カウンセリング学会員のみ申込み可)(日本遺伝カウンセリング学会員もしくは日本人類遺伝学会会員のみ申込み可)
講義+RP:60 名 100名
講義のみ:定員なし
単位認定(講義+RPの方のみに付与):
  臨床遺伝専門医・CGC:12単位 ロールプレイ回数:5回
  細胞遺伝学認定士:5単位
参加費:講義+RP:30,000 円 講義のみ:10,000 円
申込方法:Webで登録をお願いします。https://jsgc-form.info/27/
受付期間:2022年5月31日(火)12:00 ~7月7日(木)(定員に達し次第終了)
会員番号:申込みの際には会員番号(数字10桁)が必要です。(例:会員番号243116〇〇〇〇)
  不明の場合は学会事務局まであらかじめ余裕をもってお尋ねください。
  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
  株式会社毎日学術フォーラム内  日本遺伝カウンセリング学会事務局
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください

実行委員長:福島明宗(岩手医科大学医学部臨床遺伝学科)
研修委員長:山本佳世乃(岩手医科大学医学部臨床遺伝学科)
主催:日本遺伝カウンセリング学会

●2022年7月23日(土) RP(オンライン開催)
時間
カリキュラム
講師(敬称略)
12:30-12:50
受付
12:50-13:00
開会挨拶・オリエンテーション
福島明宗
山本佳世乃

13:00-13:10
13:10-14:50
14:50-15:00
15:00-15:30
テーマ 1:<家系図>
移動
グループワーク・ロールプレイ
休憩・移動
総合討論
德富智明

15:30-15:40
15:40-17:20
17:20-17:30
17:30-18:00
テーマ 2:<生殖周産期 出生前診断>
休憩・移動
グループワーク・ロールプレイ
休憩・移動
総合討論
金杉知宣

●2022年7月24日(日) RP(オンライン開催)
時間
カリキュラム
講師(敬称略)
9:20-9:30
事務連絡

9:30-9:40
9:40-11:20
11:20-11:30
11:30-12:00
テーマ 3:<腫瘍 HBOC>
移動
グループワーク・ロールプレイ
休憩・移動
総合討論
三浦史晴
12:00-12:30
昼食・休憩

12:30-12:40
12:40-14:20
14:20-14:30
14:30-15:00
テーマ 4:<成人 筋強直性ジストロフィー>
移動
グループワーク・ロールプレイ
休憩・移動
総合討論
高橋正紀

15:00-15:10
15:10-16:50
16:50-17:00
17:00-17:30
テーマ 5:<先天難聴>
移動・休憩
グループワーク・ロールプレイ
休憩・移動
総合討論
小林有美子
17:30-17:40
修了証授与・閉会挨拶
福島明宗
山本佳世乃

事前学習 講義(オンデマンド事前配信)
時間
カリキュラム
講師(敬称略)
遺伝カウンセリングの基礎
小畑慶子
テーマ 1:<家系図>
德富智明
テーマ 2:<生殖周産期 出生前診断>
金杉知宣
テーマ 3:<腫瘍 HBOC>
三浦史晴
テーマ 4:<成人 筋強直性ジストロフィー>
高橋正紀
テーマ 5:<先天難聴>
小林有美子


ご案内(pdf)

2022/3/10

「はじめて新型コロナウイルス検査を行う方のために」(解説書)のご案内

この度、日本遺伝子診療学会では、新型コロナウィルス検査を院内で行うための初心者を対象とした解説書「はじめて新型コロナウィルス検査を行う方のために」を作成いたしました。遺伝カウンセリング学会会員の方にも役立つ内容と思いますので、どうぞご活用いただけますと幸いです。

日本遺伝子診療学会
新型コロナウイルス感染症検査委員会

「はじめて新型コロナウイルス検査を行う方のために」(pdf)

2022/2/17

第2回JOHBOC学術総会(4/23-24)のご案内

時下、皆様におかれましてはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
この度、4月23日(土)~24日(日)に開催を予定しております、第2回JOHBOC学術総会につきまして、HPにおいて参加登録を開始いたしました。 各種学会の取得可能単位もございますので、下記のご案内をご高覧の上、ぜひご参加登録いただけますと幸いです。
多数の皆様のご参加をお待ちしております。

===参加(視聴)登録===
■募集期間:2022年4月24日(日)まで受付いたします。
■登録ページ:https://www.c-linkage.co.jp/johboc2022/registration.html
※視聴方法につきましては、会期が近づきましたら詳細をご案内いたします。
■参加登録費:
医師 10,000円
認定施設に勤務する医師 7,000円
遺伝カウンセラー、その他の医療従事者(非医師) 5,000円
学部学生、医師以外の大学院生 無料
■単位取得:
以下の単位を取得可能です。(取得条件等の詳細はウェブサイトをご覧ください)
日本乳癌学会 乳腺専門医研修単位(3単位)
認定遺伝カウンセラー資格更新単位(5単位)
臨床遺伝専門医 更新単位(3単位)
日本産科婦人科学会 研修会(10単位)
日本専門医機構 産婦人科領域講習(1単位)

===開催概要===
■テーマ:HBOC and Beyond
■会期:2022年4月23日(土)~4月24日(日)
■開催方法:ハイブリッド開催(現地+ライブ配信)
■会場:道新ホール(〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西3丁目6)
https://www.doshin-acty.co.jp/doshin/access/
■HP:https://www.c-linkage.co.jp/johboc2022/
■第2回JOHBOC学術総会
会長 櫻井 晃洋(札幌医科大学医学部 遺伝医学 教授)

<お問い合わせ先>
第2回JOHBOC学術総会 運営事務局
株式会社コンベンションリンケージ
〒060-0002札幌市中央区北二条西4丁目1北海道ビル
TEL:011-272-2151 FAX:011-272-2152
E-mail:johboc2022@c-linkage.co.jp

ご案内(pdf)

2022/1/20

第25回東北家族性腫瘍研究会学術集会のご案内

この度、第25回東北家族性腫瘍研究会学術集会をWeb開催することとなりましたので、ご案内申し上げます。

【開催日時】2022年2月5日(土)14:00-18:00
【開催方法】web開催(ZOOM)
【参加方法】下記URLまたは二次元コードより事前登録をお願い致します。
https://tkp-jp.zoom.us/webinar/register/WN_WgEPOwv_QDOW90lA4wckHw

【参加費】無料
【資格更新単位付与】
 認定遺伝カウンセラー®5単位
 全プログラムの出席者にのみ単位が付与されます
  -参加はzoomの機能を用いて入退室確認予定
 第25回学術集会における資格更新単位シール問合せ窓口:
 東北家族性腫瘍研究会世話人 赤間孝典 E-mail:akama711@fmu.ac.jp

【プログラム】
14:00~14:10 開会挨拶
14:10~14:20 講 演『オンコロジー領域への取り組み』 沢井製薬株式会社 病院営業部1G
14:20~15:30 ≪一般演題≫ 7演題(発表6分・質疑応答4分)
15:30~15:40 休憩
15:40~16:40 ≪HBOCセッション特別講演≫
《演題》『保険収載されたHBOC診療の当院と高知県における現状と課題』
《演者》 高知大学医学部附属病院 乳腺センター センター長 杉本健樹 先生
16:40~16:50 休憩
16:50~17:50 ≪特別講演≫
《演題》『遺伝性腫瘍のパネル診断』
《演者》順天堂大学大学院医学研究科 難治性疾患診断・治療学 准教授 江口英孝 先生
17:50~18:00閉会挨拶


ご案内(pdf)

2022/1/14

第20回臨床遺伝情報検索講習会(日本遺伝子診療学会)のご案内

日本遺伝子診療学会では第20回臨床遺伝情報検索講習会をオンライン e-ラーニング 形式にて開催致します。

参加申込、受講につきましては日本遺伝子診療学会HP(http://www.gene-dt.jp/frame/f_workshop.html)をご確認下さい。本講習会の参加証明は、臨床遺伝専門医(3単位)、認定遺伝カウンセラー(5単位)の更新単位となっております。多くの皆様の受講をお待ちしております。

■日時:2022年1月25日(火)0:00~2022年2月24日(木)23:59

■開催形式:e-ラーニングシステムを利用したウェブ配信

■プログラム
・マイクロアレイ染色体検査
 中村 剛史(LSIメディエンス 遺伝子解析部 染色体グループ)
・バリアントの解釈~BRCA1のVUSを例として~
 渡辺 基子(順天堂大学大学院 医学研究科 臨床遺伝学)

■参加費:
日本遺伝子診療学会 会員 4,200円
非会員 10,200円

■申し込み:
WEB登録をお願いいたします。
https://survey.mynavi.jp/cre/?enq=7TRtOXChVJo%3d

■申込期間:
2022年1月19日(水)16:00~2022年2月18日(金)23:59

■問い合わせ:
日本遺伝子診療学会事務局
TEL 03-6267-4550
E-mail: maf-gene@mynavi.jp


ご案内(pdf)

2022/1/5

YOKOHAMA遺伝カンファランス2022のご案内

日本遺伝カウンセリング学会会員の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
このたび、「YOKOHAMA遺伝カンファランス2022」(神奈川遺伝カウンセリング研究会主催)を開催するはこびとなりました。
本カンファレンスは、神奈川県を中心に、近隣県もふくめた遺伝診療関係者(これから学びたい方も)が気軽にご参加頂ける会として始まりました。遺伝カウンセリングに関する最新知識の維持、スキル向上のため、継続的に学ぶ機会の提供を行うこと、また、遺伝専門家や遺伝医療に関わる医療者が施設・領域を超えて連携し、情報交換などを通じて、遺伝カウンセリングの更なる普及、充実に貢献することを目的としております。
遺伝医療に関わっておられる方々、これから関わっていこうと考えておられる方々など多くの方々のご参加をお待ちしております。
今回は、神奈川県下でがんゲノムに関わる施設の先生方との意見交換会、国立がん研究センター東病院の中村能章先生から「リキッドバイオプシー」に関する最前線のご講演を頂き、顔の見える遺伝診療ネットワークの絆を深めていく有意義な会にしたく思います。
オンライン開催と致します。神奈川県に留まらず、地域を超えて、全国から多くの先生方にご参加頂き、学びを深め、ネットワークの絆を更に深める機会になれば幸いです。

<開催概要>
【日時】2022年2月11日(金曜、祝)14:00~17:00(サイトオープン:13:30~)
【対象】遺伝医療に関わっておられる方、もしくは、今後、関わっていく予定の方も大歓迎です。ぜひお誘いあわせの上,ふるってご参加下さい。
【会場】オンライン開催(Zoom: 神奈川こども医療センターより配信予定)
【費用】3000円
【参加枠】300名まで
【申込】専用の申込サイトよりお申し込み下さい。(申込〆切2022年1月14日(金))
 下記URL、またはQRコードからアクセスをお願い致します。

https://forms.gle/ECJnBynzw3ChatQJA

【参加費振込】申込後、下記口座へお振込をお願いします。(振込〆切2022年1月14日(金))
 銀行名:横浜銀行 六ッ川支店
 店番号:318
 口座種類:普通口座 口座番号:6058216
 名称:神奈川遺伝カウンセリング研究会
<振込時の留意事項>
・申込者の名義でお振込をお願いします。
・振込手数料はご自身でご負担をお願いします。
・一度入金された参加費は返金致しません。

【単位】臨床遺伝専門医単位:1単位
 認定遺伝カウンセラー単位:5単位
 日本産科婦人科学会 専門医単位:認定
(全プログラムの出席者にのみ単位が付与されます- 参加はzoom の機能を用いて入退室確認予定)
【オンライン会議情報】開催1週間前(2月5日頃まで)を目途に、申込・参加振込の確認後、事務局よりメールにてオンライン会議(Zoom)の情報をご連絡差し上げます。

【プログラム(予定)】
 14:00~14:05 開会
 14:05~15:50 意見交換会 「神奈川県下がんゲノム関連病院 現状と課題」
  1. 神奈川県立がんセンター
  2. 東海大学病院
  3. 聖マリアンナ医科大学
  4. 連携病院より(計10 か所)
 15:50~16:00 休憩
 16:00~17:00 特別講演 国立がん研究センター東病院 臨床研究支援部門
  トランスレーショナルリサーチ推進部 トランスレーショナルリサーチ支援室/消化管内科
 中村 能章先生
 「リキッドバイオプシーで変わるがんゲノム医療」
 17:00~17:05 閉会

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

主催 神奈川遺伝カウンセリング研究会
代表世話人 神奈川県立こども医療センター遺伝科部長 黒澤健司
副代表世話人 国立病院機構横浜医療センター院長 平原史樹
副代表世話人 聖マリアンナ医科大学乳腺内分泌外科教授 津川浩一郎

事務局 神奈川県立こども医療センター内
担当 石川浩史・西川智子・和泉美希子・別所友子
yokohama.iden.conference@gmail.com


ご案内(pdf)

2021/12/14

第15回聖路加国際病院遺伝診療センター講演会のご案内

2022年1月8日(土)、「遺伝カウンセリングってなに?」というテーマで、第15回講演会を開催します。周産期・小児領域を中心に各種立場の方からの視点、そして座談会を予定しております。

■第15回聖路加国際病院遺伝診療センター講演会
「遺伝カウンセリングってなに?」
(共催 聖路加国際大学大学院遺伝看護学研究室)

■日時:2022年1月8日(土)13:00 - 15:00(ZOOM開場12:50~)
開催方法:ZOOMウェビナー 完全オンライン(オンデマンド配信なし)
対象者:上記話題に興味のある方は誰でも
参加費:一般:1,000円
(領収書はPeatix発行のものに代えさせていただきます。)
ご興味のある方への情報共有・転送歓迎です。

■申込み *必須
Peatixにて(配信URL,配付資料がある場合はお申込みをされた方のみにおこないます。)
https://lukegenetics2022.peatix.com/

■プログラム
第一部 話題提供(敬称略・五十音順)
浜之上 はるか 横浜市立大学附属病院 遺伝子診療科 講師
深野 智華 聖路加国際病院遺伝診療センター 認定遺伝カウンセラー
吉橋 博史 東京都立小児総合医療センター 遺伝診療部 臨床遺伝科
渡辺 絵梨沙 内科医・遺伝カウンセリング受診当事者

第二部 座談会
モデレーター
山中 美智子 聖路加国際病院遺伝診療センター センター長/女性総合診療部医長
青木 美紀子 聖路加国際大学大学院遺伝看護学

■開催方法
ZOOMによるオンラインでの開催(オンデマンドの配信予定なし)

■対象者
テーマに興味のある方は誰でもご参加いただけます。

■単位
受講により資格更新単位認定付与(臨床遺伝専門医1単位・認定遺伝カウンセラー5単位)予定です。
開催時間すべてに参加していただくことと、開催後のアンケートへの回答を必須とさせていただいております。

■問合せ先
聖路加国際病院遺伝診療センター genetics@luke.ac.jp
担当 鈴木・深野

ご案内(pdf)

2021/12/8

遺伝カウンセリングロールプレイ研修会(GCRP2021)

日本人類遺伝学会、日本遺伝カウンセリング学会、臨床遺伝専門医制度委員会の主催のGCRP研修会は今年度もウェブミーティングを用いて開催いたします。

開催日:2022年2月20日(日)
    2022年3月5日 (土)
    2022年3月6日 (日)
    2022年3月12日(土)

主催:日本人類遺伝学会,日本遺伝カウンセリング学会、臨床遺伝専門医制度委員会
お申込み方法:日本人類遺伝学会HP(https://jshg.jp/seminar_event/5678/)をご確認ください。


2021/11/22

第16回遺伝カウンセリングアドバンストセミナーのご案内

2022.1.12 昨年末からのオミクロン株の急速拡大を受け、完全オンライン開催に変更いたします。詳細は参加者の皆様へメールにてご連絡を致します。
ご参加の皆様におかれましては、オンライン開催についてどうかご理解いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。


日時:2022年2月12日(土)、13 日(日)
時間:2022年2月12日(土)9:30-18:00
   2022年2月13日(日)9:30-16:00
会場:品川シーズンテラスカンファレンス(品川駅東口徒歩6分)https://www.sst-c.com/index.html
開催形式:会場開催(オンデマンド配信なし)オンライン開催
定員:60名(日本遺伝カウンセリング学会会員を優先して募集します)
テーマ:小児の未診断疾患(IRUD)
単位認定:臨床遺伝専門医制度単位8単位(ロールプレイ2回)
  認定遺伝カウンセラー制度単位8単位
  日本人類遺伝学会細胞遺伝学認定士5単位
参加費:30,000 円
申込方法:Web で登録をお願いします。https://jsgc-form.info/26/
受付期間:2021年12月1日(水)12:00より開始(定員に達し次第終了)
会員番号:申込みの際には会員番号(数字10桁)が必要です。(例:会員番号 243116〇〇〇〇)
  不明の場合は学会事務局まであらかじめ余裕をもってお尋ねください。
  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
  株式会社毎日学術フォーラム内  日本遺伝カウンセリング学会事務局
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください
実行委員長:川目 裕(東京慈恵会医科大学附属病院遺伝診療部)
副実行委員長:竹内千仙(都立北療育医療センター)
主催:日本遺伝カウンセリング学会

感染対策についてご協力のお願い
・会場受付け時に体温測定を実施します(両日とも)
・ご参加には,不織布マスクの着用をお願いします
・受付時に健康状態確認書の提出をお願いいたします(両日とも)
・進行について:休憩時間には換気を行わせていただきます,会場マイクは,その都度,消毒します
・昼食は,黙食にて,各自の席でおとりください
・ロールプレイは,マスクを着用のまま実施してください

■プログラム
2022年2月12日(土)
時間
カリキュラム(案)
講師(敬称略)
9:30-10:00
受付
10:00-10:10
開会挨拶・オリエンテーション
山本佳世乃
川目裕
10:10-11:00
「IRUD 研究事業の現在とこれから」
松原洋一
11:10-12:00
「網羅的遺伝学的検査について(総論)」
黒澤健司
12:00-13:00
昼食
13:00-13:50
「難病領域の WES:アノテーション・バリアント解釈」
要匡
14:00-14:50
「周産期領域の IRUD」
佐村修
14:50-15:10
休憩
15:10-16:00
「IRUD で診断,治療に至った希少症候群」
菊池敦生
16:10-17:00
「IRUD の遺伝カウンセリング
―未診断児および家族の抱く心理社会的課題―」
伊藤志帆
17:10-18:00
ロールプレイ課題提示・グループ挨拶
浦野真理

■プログラム
2022年2月13日(日)
時間
カリキュラム(案)
講師(敬称略)
9:30-11:00
IRUD を受けたご家族からのお話(2家族を予定)
川目裕(司会)
11:10-11:30
ロールプレイオリエンテーション
荒川玲子
11:30-12:30
昼食/ロールプレイ準備
12:30-15:00
ロールプレイ
15:00-15:40
総合討論
竹内千仙
15:40-16:00
修了証授与・閉会挨拶
川目裕
山本佳世乃
ロールプレイ:6 名がひとグループとなり,FCT(1 名)とともに行います.

ご案内(pdf)

2021/11/15

「着床前遺伝学的検査(PGT-A/SR)に関する見解案・細則案」へのパブリックコメント募集ご案内

「着床前遺伝学的検査(PGT-A/SR)に関する見解案・細則案」へのパブリックコメント募集

公益社団法人日本産科婦人科学会倫理委員会では、PGT-A/SRに関する公開シンポジウム(2021年9月23日と10月23日の2回)を行い、「着床前遺伝学的検査(PGT-A/SR)」について検討してまいりました。 これまでのご議論の内容を踏まえた上で、「不妊症および不育症を対象とした着床前遺伝学的検査」に関する共通の見解、およびPGT-AとPGT-SRの個別の細則として、以下(下記URLに掲載)の案としてまとめ、倫理委員会にて承認しております。

【「見解案・細則案」掲載サイト】
https://www2.cstorage.jp/public/qTbQAAWjg8bAMHgBiTF8Xnb8NOeZyShdplTOAS-Ipthy
着床前遺伝学的検査(PGT-A/SR)に関する見解案・細則案について、ご意見のある方におかれましては2021年11 月24 日水曜日午後6時までに、下記フォームのご意見欄にご記載いただき、学会事務局の倫理委員会委員長宛に送付いただければと存じます。

【ご意見の送付先】見解案・細則改定案へのパブリックコメント送信フォーム
https://pro.form-mailer.jp/fms/0369ef6e241182
(締切:2021年11月24日(水)午後6時まで)

皆様からご意見をいただいたうえ、さらなる検討ののち、所定の手続きを経て本会の確定事項となります。頂いたコメントにつきましては匿名で記録に残し公表とする予定です。
なお、細則の内容については運用上の必要に応じて、今後理事会の承認を得たうえで適宜見直しが行われて、理事会での承認をもって変更が生じる場合があることをご理解ください。
また、見解案・細則案の作成の背景となった資料として、「日本産科婦人科学会PGT-A特別臨床研究(反復体外受精・胚移植(ART)不成功例、習慣流産例(反復流産を含む)、染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する多施設共同研究)」の中間解析結果(公開シンポジウムで発表)および公開シンポジウムでの議論を本会の以下のWebサイトにて公開しておりますので合わせてご参照ください。

【公開資料URL】
https://www.jsog.or.jp/modules/committee/index.php?content_id=139#houkoku

2021年11月10日

公益社団法人 日本産科婦人科学会
理事長 木村 正
倫理委員会 委員長 三上 幹男
倫理委員会 着床前診断 見解改定小委員会小委員長 織田 克利

2021/11/10

第2回遺伝の初歩セミナーのご案内

今回、ご好評頂いた第1回の講義を再配信いたします。
第1回は296名の方にご参加いただきました。そのうち221名(74%)が非会員であり、 事後アンケートをみると、半数以上が「勤務先の管理者や同僚からの勧め」による参加で した。参加動機は、「現在、遺伝医療に関与している、またはこれから関わる」、「遺伝性疾 患患者とその家族への支援」等があり、9割が「遺伝の初歩を学ぶことができた」、8割が 「更に学びたい」と学習を継続するきっかけとなっていました。

本セミナーは、遺伝ゲノム医療について学びたいと考えている方々を対象としておりま す。皆様の周りにいらっしゃる医療職、教育職、心理職、福祉職等の方で遺伝ゲノム医療 に関心がある方々に本セミナーをご案内ください。また臨床の場で指導・教育を担われて いる方々にも参考にしていただければと存じます。

内容は、「単一遺伝子疾患」、「染色体異常」、「多因子疾患」、「出生前診断」、「がん」の 5 つの疾患を取り上げています。身近に起こりうる場面を事例とし、遺伝の基本をわかりや すく解説します。5つの講義は各45分で構成しています。

日時:オンデマンド配信期間:2022年1月12日~2月28日
  ライブセミナー: 1月30日13:00~16:00
  (ライブセミナーではオンデマンド講義の解説と質疑応答をおこないます)
対象:遺伝について学びたいと思っているどなたでも参加できます。
申込:2021年12月1日~2022年2月20日
申込 URL:https://jsgc-form.info/shoho02/
参加費:3,000円 日本遺伝カウンセリング学会会員 2,000円
企画担当:日本遺伝カウンセリング学会 遺伝看護委員会


ご案内(pdf)

2021/11/9

「第11回 日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム」のご案内

第11回 日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム
公開シンポジウム 2021 「ゲノム医療の最前線」

第11回 日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラムを開催しますので、皆様奮ってご参加ください。

◆日時:2021年12月2日(木)9:50~17:15
◆開催形式:ハイブリッド開催(現地開催+オンデマンド配信)
現地会場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
オンデマンド配信期間:2021年12月9日(木)~2022年1月8日(土)17:00
◆詳細:http://www.gene-dt.jp/frame/f_forum.html


取得可能単位のご案内(pdf)

2021/11/4

2021年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」のご案内

2021年度第3回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
- 一括審査(1研究1審査)の情報共有を目指して -

◆日時:2021年12月14日(火)13:00-15:30
◆開催形式:ウェビナー(オンラインセミナー)

◆プログラム:
13:00-13:05 開会の挨拶
 加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)
13:05-13:25 講演(1):講演20分
 「一括倫理審査導入の現状と課題」
 吉田 雅幸(東京医科歯科大学 生命倫理研究センター)
13:25-13:45 講演(2):講演20分
 「国立がん研究センターでの一括審査にむけた取組と課題」
 山下 紀子(国立がん研究センター 研究支援センター)
13:45-14:05 講演(3):講演20分
「理化学研究所での一括審査にむけた取組と課題」
  堀江 仁一郎(理化学研究所 安全管理部生物安全課
14:05-14:35 参加者発言
14:35-15:30 質疑応答・総合討論

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など
◆参加費:無料
◆詳細・申込:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20211214.php
[事前参加登録:12月10日(金)12:00まで]

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
    ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)
◆問合せ:大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
 email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp


ご案内(pdf)

2021/10/14

2021年度第2回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」のご案内

2021年度第2回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
- 指針改正、データ共有・利活用にむけて -

◆日時:2021年10月29日(金)13:30-16:00
◆開催形式:ウェビナー(オンラインセミナー)
# 事前に参加登録を頂いた方に当日参加用URLをお知らせします。
# ブラウザから参加できるシステム(ユーザ登録不要)を使用します。
# パソコン・スマホで全国どこからでもご参加頂けます。

◆概要:
新統合指針「人を対象とする生命科学・医学系研究に関する倫理指針」が2021 年6月30日に施行されましたが、ヒトゲノム情報は個人情報に 該当し、個人情報 保護法が2020年(令和2年)、および、2021年(令和3年)に一部改正されたことを受け、すでに新統合指針の次の改正への 検討が始まっています。
そこで今回、「指針改正、データ共有・利活用にむけて」をテーマにヒトゲノム 研究倫理を考える会を開催いたします。全国どこからでも 参加できるウェビナー 形式で開催しますので、是非ご参加下さい。

◆プログラム:
13:30-13:35 開会の挨拶
 加藤 和人(大阪大学大学院医学系研究科)
13:35-13:40 はじめに
 「ヒトゲノム研究と指針について思うこと」
 位田 隆一(滋賀大学 学長):ビデオメッセージ
13:40-14:10 講演(1):講演30分
 「令和2・3年個人情報保護法の改正を受けた
 生命・医学系指針の見直しについて」
 安藤 博(文部科学省研究振興局ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室)
14:10-14:40 講演(2):講演30分
「個人情報保護法改正とヒトゲノム研究への影響」
 横野 恵(早稲田大学社会科学総合学術院)
14:40-14:50 指定発言(1)
 米村 滋人(東京大学大学院法学政治学研究科)
14:50-15:00 指定発言(2)
 児玉 安司(新星総合法律事務所、国立がん研究センター)
15:00-16:00 質疑応答・総合討論

◆対象:大学・研究機関の倫理審査関係者、研究者など
◆参加費:無料
◆詳細・申込:
下記ページのフォームから参加登録をお願いします。
https://www.genomics-society.jp/news/event/post-20211029.php/
[事前参加登録:10月27日(水)12:00まで]

◆主催:文部科学省科学研究費新学術領域「先進ゲノム支援」
    ゲノム科学と社会ユニット (GSユニット)
◆問合せ:大阪大学大学院医学系研究科医の倫理と公共政策学
 email: workshop@eth.med.osaka-u.ac.jp


ご案内(pdf)

2021/9/30

第8回遺伝看護セミナーのご案内(第ニ報)

「やさしい言葉で学ぶ最新の遺伝医療と看護―デュシェンヌ型筋ジストロフィーを通して」

第8回遺伝看護セミナー(Webセミナー)を以下の予定で開催いたします。9月中旬より申込を開始しました。皆さまのご参加をお待ちしております。

【日時】2021年11月11日(木)~2022年1月11日(火)
      オンラインセミナー 2021年12月11日(土)
【方法】Webセミナー(オンデマンド講座の受講とZOOMを用いたオンラインセミナー)
・オンデマンド講座は約17講座(約7時間分)あり、ご自分のペースで学びを深めていただけます。
・視聴期間は2か月間あり、その期間は質問も可能です。
・希望者は半日のオンラインセミナーで学びを深めることもできます(オンラインセミナーの参加は定員がございます)。
【対象】遺伝看護に携わる臨床看護師、神経難病に携わる認定遺伝カウンセラー®、遺伝カウンセリングや看護教育に携わる方、 学生、遺伝/ゲノム医療に関心のある方など。
・認定遺伝カウンセラー®の更新単位(5単位)となります。単位付与にはオンラインセミナーの参加必須です。
・難病看護師の更新単位となります。
【参加費】会員(日本遺伝カウンセリング学会・日本遺伝看護学会)3,000円 非会員5,000円
【申込み】https://jsgc-form.info/gn2021/

【予定プログラム】
「やさしい言葉で学ぶ最新の遺伝医療と看護―デュシェンヌ型筋ジストロフィーを通して」
1
ヒト遺伝学の基礎
10
遺伝形式・家系図の書き方
2
遺伝看護
11
遺伝学的検査
3
事例
12
出生前診断
4
デュシェンヌ型筋ジストロフィーとは
13
遺伝カウンセリング
5
デュシェンヌ型筋ジストロフィーの看護の実際(1)小児期
14
遺伝医療におけるリスクコミュニケーション
6
デュシェンヌ型筋ジストロフィーの看護の実際(2)成人期
15
難病医療制度
7
DMD保因者の健康管理、症候性保因者
16
難病医療コーディネーターの役割
8
当事者の話
17
小児慢性特定疾病制度
9
当事者の母親の話

【問合せ先】第8回遺伝看護セミナー事務局
 e-mail:8-GN-Seminar@tsc.u-tokai.ac.jp

ご案内(pdf)

2021/9/16

PGT-A・SR臨床研究に関する公開シンポジウムのご案内

日本産科婦人科学会では、予てより、不妊症・不育症の治療への応用を目的として、体外受精胚移植の際に胚の着床前遺伝子診断(PGT-A:異数性の検査、PGT-SR:染色体構造異常の検査)を行うことの有用性を検討する特別臨床研究を実施しています。
現在、研究期間中ですが、登録症例数が一定数を超え、予定していた中間まとめを行う時期になりましたので、その結果を踏まえ、また倫理社会問題の課題も含めて、広く意見を拝聴し、今後の研究の進め方を検討したいと考えます。
そこで、下記の要領で2回の公開シンポジウムを開催することに致しましたのでお知らせします。コロナ禍の状況を考え、2回ともオンライン開催とさせていただきます。 このお知らせを関係の方々にもご周知いただければ幸いです。
多数のご参加をお待ちしています。

【第1回シンポジウム】
日時:令和3年9月23日(木・祝)13:00~16:45
形式:オンライン開催
参加費:無料
〈公開配信用URL〉https://sites.net-convention.com/for/0923pgt-a/

【第2回シンポジウム】
日時:令和3年10月23日(土)13:00~16:30
形式:オンライン開催
参加費:無料
〈公開配信用URL〉https://sites.net-convention.com/for/1023pgt-a/

【プログラム】
日本産科婦人科学会ホームページ上でお知らせします。
http://www.jsog.or.jp/modules/committee/index.php?content_id=139

【本件に関する問い合わせ】
株式会社コンベンションリンケージ内
PGT-A・SR臨床研究に関する公開シンポジウム運営事務局
〒102-0075 東京都千代田区三番町2 
TEL:03-3263-8688 / FAX:03-3263-8693
E-mail:pgt-a@c-linkage.co.jp
TEL:03-3263-8688 / FAX:03-3263-8693
E-mail:pgt-a@c-linkage.co.jp


公益社団法人日本産科婦人科学会
理事長 木村 正
倫理委員長 三上幹男
PGT-A小委員長 苛原 稔


ご案内(pdf)

2021/7/28

第61回日本先天異常学会学術集会のご案内

第61回日本先天異常学会学術集会は、「先天異常学の更なる高みを目指して ~形態・機能研究の統合~」をテーマとし、2021年8月7日(土)~8日(日)の2日間、Web配信にて学術集会が開催されます。

【大会名】第61回日本先天異常学会学術集会
【会 期】WEB配信(ライブ):2021年8月7日(土)~8月8日(日)
    WEB配信(オンデマンド):2021年8月8日(日)~9月8日(月)
【会 場】WEB配信
【大会長】小崎 健次郎(慶應義塾大学医学部臨床遺伝学センター 教授・センター長)
【副大会長】登美 斉俊(慶應義塾大学薬学部 薬剤学講座 教授)
【大会HP】 https://jts61.jp/(公式ホームページに抄録を掲載しております。)
【参加費】大学院生・初期研修医・学部学生4,000円、会員・非会員13,000円
【参加申込】https://jts61.jp/application
【特別講演】
①「サリドマイドのターゲットCereblonの発見と展開 - 先天異常発症機序の解明から創薬へ -」
半田 宏 教授(東京医科大学 ケミカルバイオロジー講座)
②「多能性幹細胞を用いた体節形成過程の再現」
戎家 美紀 先生(European Molecular Biology Laboratory Barcelona)
③「Developmental cues as a foundation for therapies: From tooth to guts」
Prof. Ophir Klein(Human Genetics and Craniofacial Biology, University of California, San Francisco)

【第61回日本先天異常学会学術集会運営事務局 】
〒612-8082 京都市伏見区両替町2-348-302
アカデミック・スクエア株式会社内
TEL:075-468-8772 FAX:075-468-8773
E-MAIL:jts61@ac-square.co.jp

2021/7/26

日本人類遺伝学会主催 第31回遺伝医学セミナーのご案内

第31回遺伝医学セミナー

本セミナーは,3年間で1クールとなっており, 2019年に設定された新しい「臨床遺伝専門医行動目標」に基づいてカリキュラムを組んでおります。今回は3年間のうち初年度となります。充実した内容を準備しておりますので是非ともご参加いただければ幸いです。

【主催】日本人類遺伝学会
【会場】WEB開催
【会期】2021年9月10日(金)~30日(火)
【定員】500名 
 ※定員になり次第で受付期間中に受付を締切とさせて頂く場合もございます。
【参加費】会費17,000円
【受付期間】 2021年6月 22 日(火)~7 月 30 日(金)17:00
(募集人数に達した場合は,それ以前に締め切ることがあります)
【参加登録サイト】https://va.apollon.nta.co.jp/jshg31/
 ※どなた様も、「はじめての方へ」ボタンより、新規利用登録をお願いします。
 ※本サイトのログインIDは学会のIDとは異なりますので、ご注意下さい。

【予定講義】(講義名は仮題です)
 講義 1 臨床遺伝専門医:新しい行動目標の設定と今後
  蒔田芳男(旭川医科大学病院 遺伝子診療カウンセリング室)
 講義 2 メンデル遺伝と非メンデル遺伝
  佐村 修(東京慈恵会医科大学 産婦人科学講座)
 講義 3 臨床遺伝学と遺伝カウンセリング
  鈴森伸宏(名古屋市立大学大学院 医学研究科 産科婦人科)
 講義 4 染色体ゲノム学
  倉橋浩樹(藤田医科大学 総合医科学研究所 分子遺伝学研究部門)
 講義 5 集団遺伝学と多因子遺伝学
  尾内善広(千葉大学大学院医学研究院 公衆衛生学)
 講義 6 遺伝学的情報収集・評価1
  井本逸勢(愛知県がんセンター リスク評価センター/がんゲノム医療センター)
 講義 7 先天代謝異常(SF を含む)
  中村公俊(熊本大学大学院 生命科学研究部 小児科学講座)
 講義 8 遺伝性腫瘍
  中島 健(国立大学法人 京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻)
 講義 9 心血管疾患に与える遺伝学の影響の増大と新たな課題
  山澤弘州(北海道大学大学院医学研究院 小児科)
 講義 10 遺伝医学における倫理
  山田崇弘(京都大学医学部附属病院 遺伝子診療部・倫理支援部)

【企画・運営】日本人類遺伝学会 遺伝医学セミナー実行委員会
 委員長 佐村修(東京慈恵会医科大学産婦人科学講座)
【事 務 局】 株式会社日本旅行 東日本法人支店内(担当:長田・江草)
     〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 10-11 日本橋府川ビル 2 階
     Tel: 03-6892-5104 Fax: 03-6892-1830 E-mail: jshg_seminar@nta.co.jp

【詳細】日本人類遺伝学会ホームページ
    https://jshg.jp/seminar_event/4602/


ご案内(pdf)

2021/7/21

日本遺伝子診療学会から第19回臨床遺伝情報検索講習会のご案内【開催中】

日本遺伝子診療学会 第19回臨床遺伝情報検索講習会

日本遺伝子診療学会では第19回臨床遺伝情報検索講習会をオンライン e-ラーニング 形式にて開催致しております。

参加申込、受講につきましては日本遺伝子診療学会HPをご確認下さい。本講習会の参加証明は、臨床遺伝専門医(3単位)、認定遺伝カウンセラー(5単位)の更新単位となっております。多くの皆様の受講をお待ちしております。

日 時
2021年7月12日(月)0:00~2021年8月11日(水)23:59

開催形式
e-ラーニングシステムを利用したウェブ配信

プログラム
・臨床遺伝情報検索のための統合TVの活用法
小野浩雅(ライフサイエンス総合データベースセンター)

・ACMG-AMPガイドラインによるバリアントの評価
才津浩智(浜松医科大学 医化学講座)

参 加 費
日本遺伝子診療学会 会員 4,200円
非会員 10,200円

申し込み
WEB登録をお願いいたします。
https://survey.mynavi.jp/cre/?enq=IgSlE2urlBE%3d

申込期間
2021年7月7日(水)16:00~2021年8月5日(木)23:59

問い合わせ
日本遺伝子診療学会事務局
TEL: 03-6267-4550
E-mail: maf-gene@mynavi.jp


ご案内(pdf)

2021/7/21

第15回遺伝カウンセリングアドバンストセミナー
(第3回臨床遺伝専門職のためのがんゲノムセミナー)のご案内

●講義(WEB)配信期間:令和3年9月4日11日(土)0:00~10月1日(金)10日(日)23:59(予定)
●RP開催日:令和3年9月18日(土)
●実行委員長:山田崇弘(京都大学医学部附属病院)
講義+RP(会員のみ)修了者へ単位認定とする。RPはzoomにて実施。講義のみ(会員、非会員問わず)の聴講可、但し単位付与なし。

●プログラム(予定)
講義名
演者
所属
講義のねらい
保険診療下でのがん遺伝子パネル実施の現状とこれから
金井雅史
京都大学 保険診療として始まったがん遺伝子パネル検査を用いたがんゲノム医療の現状と今後の検査実施時期の前倒しやリキッドバイオプシー開始の見通しを考える。
到達目標 1.保険診療化されたがん遺伝子パネル検査の概要を説明することができる。
2.今後臨床応用が期待されるがんゲノム関連検査の概要を説明できる。
3.がんゲノム医療の保険診療上での見通しを述べることができる。
保険診療下でのがん遺伝子パネル検査で検出されるGPV/PGPVの取り扱いの現状とこれから
小杉眞司
京都大学 全ての遺伝子がGermline所見として返却対象になったNCCオンコパネル(GPV)、Foundation liquid(PGPV)への対応を小杉班の推奨度別開示リストとともに理解する。
 
 
到達目標 1.全ての遺伝子がGermline所見として返却対象になった検査を列挙できる。
2.小杉班の推奨度別開示リストに基づくGPVへの対応の概要を説明できる。
3.小杉班の推奨度別開示リストに基づくPGPVへの対応の概要を説明できる。
がんゲノム医療で遭遇するModerate riskの遺伝性腫瘍関連遺伝子への対応
田辺記子
国立がん研究センター 全ゲノム時代を見据え、ATM、STK11、CHEK2、RAD51Cなど、がんゲノム医療でGPVやPGPVとして検出されるModerate risk遺伝子と確定診断された際のリスク者への介入などの対応を知る
 
 
到達目標 1.遺伝性腫瘍におけるModerate risk遺伝子をがん別に列挙できる。
2.代表的なModerate risk遺伝子のriskをデータをもとに説明できる。
3.代表的なModerate risk遺伝子のriskに応じた対応の概要を説明できる。
がんゲノム医療時代における、医療倫理と個人情報保護の考え方の現状
吉田雅幸
東京医科歯科大学 がんゲノム医療時代における、医療倫理、個人情報保護(電子カルテ上での情報共有)、生命保険と診断書への対応、などに関して最低限理解しておくことを知る。
到達目標 1.がんゲノム医療時代における医療倫理の概要を説明できる。
2.がんゲノム医療時代における遺伝情報の管理と共有の概要を説明できる。
3.遺伝情報が医療情報として活用される時代における生命保険と診断書への対応について説明できる。
AYA世代の遺伝性腫瘍への対応
鈴木 直
聖マリアンナ医科大学 遺伝性腫瘍を発症したAYA世代がん患者に対する生殖機能(妊孕性)温存の診療の現状と何を情報提供できるか/するべきかを知る。
到達目標 1.AYA世代がん患者に対する生殖機能温存の診療の現状を説明できる。
2.AYA世代がん患者の生殖機能温存に関して提供する情報を列挙できる。
3.遺伝性腫瘍を発症したAYA世代がん患者への対応の特徴を列挙できる。
がん患者と家族における心理的課題と緩和ケア
吉川榮省
佐原知子
日本医科大学 がん患者や家族の心理的課題とこれに対する緩和ケアの手法を知り、遺伝に関わる緩和ケアとしての遺伝カウンセリングにどう取り入れるかを考える。
到達目標 1.がん患者や家族の心理的課題を列挙できる。
2.がん患者や家族の心理的課題に対する緩和ケアの手法の概要を説明できる。
3.遺伝に関わるがん患者や家族の心理的課題でどのように精神腫瘍の専門家にコンサルテーションすればよいのか述べることができる。
がんとともに生きるーキャンサーサバイバーの視点
青木美保
帝京大学 がんとともに生きる人の心理社会的課題を理解し、遺伝性腫瘍特有の課題、未発症変異保持者の心理社会的課題への考察につなげる。
到達目標 1.がんとともに生きる人の心理社会的課題を列挙できる。
2.遺伝性腫瘍特有のキャンサーサバイバーの心理社会的課題を列挙できる。
3.未発症変異保持者の心理社会的課題の概要を説明できる。

●参加条件
遺伝カウンセリングアドバンストセミナーは、臨床の場で今まさに活躍している方を対象にして、現場のニーズに即しかつ手の届きにくい遺伝カウンセリングのポイントをテーマとするセミナーです。
 今回は、がん遺伝子パネル検査が普及し、がんの個別化医療が推進されていく中での問題点を取り上げます。すなわち,がん診療の上での新しい遺伝カウンセリングの二つの局面です。一つは、AYA世代に対する対応で、治療後を見据えた方向性についてみなさんと検討していきたいと思います。もう一つは、遺伝性腫瘍での中等度リスク遺伝子バリアントに対する対応です。どちらも発展途上の内容になりますが、今まさに我々企画者を含めて遺伝カウンセリングの現場で直面しているテーマであると思います。現状を整理することで、実臨床の現場で真に役立つセミナーにしたいと考えております。
 そこで、このセミナーが最大限の効果を発揮するために,対象とする参加者と到達目標を明確にし、ロールプレイの参加資格を限定させていただきます。

ロールプレイ参加者の優先順位は以下の順序になります。

1.がんゲノム医療連携病院でエキスパートパネルに参加している(過去に参加していた場合を含む)臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー
2.がんゲノム医療拠点病院でエキスパートパネルに参加している(過去に参加していた場合を含む)臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー
3.がんゲノム医療中核拠点病院でエキスパートパネルに参加している(過去に参加していた場合を含む)臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー
4.がん遺伝子パネル検査における二次的所見の遺伝カウンセリングを1例以上行なった経験のある臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー
5.遺伝性腫瘍の遺伝カウンセリングを年間5例以上行なっている(過去に行なっていた場合を含む)臨床遺伝専門医・認定遺伝カウンセラー


RPの申し込み時には、職種に応じて情報の提供をお願いいたします。
・臨床遺伝専門医は、勤務先施設名(現在の勤務先ががんゲノム医療連携・拠点・中核拠点でない場合は、過去にエキスパートパネルに出席していた病院)、臨床遺伝専門医番号、基本領域の専門医資格名を提出ください。
・CGCの場合は勤務先施設名(現在の勤務先ががんゲノム医療連携・拠点・中核拠点でない場合は、過去にエキスパートパネルに出席していた病院)、卒業養成校名及び認定番号の提出をお願いします。
・4あるいは5に該当する場合は、その概要を書面でご提出をお願いいたします。
※グループ内のバランスを取るために臨床遺伝の実務経験年数とエキスパートパネル参加経験の期間の記入もお願いいたします。

オンディマンドの講義につきましては将来を見据えた学びを含めて幅広い皆様を対象としており、例年よりも受講料金を下げておりますので聴講のみにつきましてはどうか奮ってご参加いただけますようお願い申し上げます。

・募集人数
講義+RP(学会員のみ):50 名
講義のみ:定員なし

・参加費用
講義+RP (学会員):30,000 円
講義のみ(学会員):5,000 円
講義のみ(非学会員):10,000 円

・申込方法:Webで登録をお願いします。
https://survey.mynavi.jp/cre/?enq=C%2b4emsHxzCI%3d

・受付期間:
講義+RP 令和3年7月28日(水)12:00 ~ 8月18日(水)12:00
講義のみ 令和3年7月28日(水)12:00 ~ 9月3日(金)12:00

・会員番号:申込みの際には会員番号(数字10桁)が必要です。(例:会員番号243116〇〇〇〇)
  不明の場合は学会事務局まであらかじめ余裕をもってお尋ねください。
  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
  株式会社毎日学術フォーラム内  日本遺伝カウンセリング学会事務局
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください

・認定単位:
  臨床遺伝専門医制度単位 8単位(ロールプレイ2回)
  認定遺伝カウンセラー制度単位 8単位
  日本人類遺伝学会細胞遺伝学認定士 5単位
※講義とRP(学会員のみ)両方を修了された方のみに付与します。

・主催:日本遺伝カウンセリング学会
・後援:日本人類遺伝学会,日本遺伝子診療学会,全国遺伝子医療部門連絡会議

・お問合せ先:日本遺伝カウンセリング学会事務局
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  ※お問合せはE-Mailにてお願いいたします。

  日本遺伝カウンセリング学会研修委員会
  研修委員長 山本 佳世乃(岩手医科大学)
  研修副委員長 吉橋 博史(東京都立小児総合医療センター)
  研修担当理事 福島 明宗(岩手医科大学)

ご案内(pdf)

2021/7/7

第8回遺伝看護セミナー
やさしい言葉で学ぶ最新の遺伝医療と看護―デュシェンヌ型筋ジストロフィーを通して

 このたび、日本遺伝カウンセリング学会と日本遺伝看護学会共催で、「第8回遺伝看護セミナー」を企画しました。テーマは「やさしい言葉で学ぶ最新の遺伝医療と看護―デュシェンヌ型筋ジストロフィーを通して」です。神経難病領域の方だけでなく、小児看護、周産期看護、在宅看護など、幅広い領域の会員の方々に役立つ内容としました。

 今回は初のWebセミナーとなります。皆様に気軽に参加していただけるよう、受講費は3,000円です(非会員5,000円)。オンデマンド講座は約20講座あり、ご自分のペースで学びを深めていただけます。視聴期間はたっぷり2か月間あり、その期間は質問も可能です。
希望者は半日のオンラインセミナーで学びを深めることもできます(オンラインセミナーの参加は定員がございます)。

多くの会員様のご参加をお待ちしております。

対象:神経難病に携わる認定遺伝カウンセラーR、遺伝看護に携わる臨床看護師、遺伝カウンセリングや看護教育に携わる方、 学生、遺伝/ゲノム医療に関心のある方など。
※難病看護師の更新単位となります。

日時:2021年11月11日(木)~2022年1月11日(火)
 オンラインセミナーは 2021年12月11日(土)
方法:Webセミナー(オンデマンド講座の受講とZOOMを用いたオンラインセミナー)

参加費:会員3,000円 非会員5,000円
お問い合わせ先:第8回遺伝看護セミナー事務局 
e-mail:8-GN-Seminar@tsc.u-tokai.ac.jp
主 催 :日本遺伝看護学会 一般社団法人 日本遺伝カウンセリング学会

申し込み:9月中旬より申し込み開始予定
URL:https://jsgc-form.info/gn2021/

第二報はこちら

2021/7/7

第44回日本小児遺伝学会学術集会 第3回日本ダウン症学会学術集会 第3回日本ダウン症会議 合同学術集会

テーマ:専門家と当事者が「つながる」当事者と社会が「つながる」当事者同士が「つながる」

日時:2021年11月12日(金) ~ 14日(日)
※初日は一部視聴制限あり、2日目以降は合同プログラム

大会長:
・第44回日本小児遺伝学会学術集会
 山本俊至(東京女子医科大学・教授)
・第3回日本ダウン症会議、第3回日本ダウン症学会学術集会
 大橋博文(埼玉県立小児医療センター遺伝科・部長)

会場:リアル参加とオンライン参加のハイブリッド方式で開催予定
※新型コロナウイルス感染症の流行状況により変更となる可能性もございます。
リアル会場
11月12日(金)
角筈区民ホール東京都新宿区西新宿4-33-7
11月13日(土)- 14日(日)
大正大学 東京都豊島区西巣鴨3-20-1

認定遺伝カウンセラー資格更新単位:8単位

ホームページ:https://supportoffice.jp/tsunagaru2021/

お問い合わせ先:
・つながる2021運営事務局(有限会社ビジョンブリッジ内)
TEL.03-5946-8845
E-mail: tsunagaru2021@supportoffice.jp
東京都新宿区箪笥町(たんすまち)43 新神楽坂ビル2階

・日本小児遺伝学会
東京女子医科大学統合医科学研究所第13研究室
〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1 TEL:03-3353-8112 内線24013

・日本ダウン症学会・日本ダウン症会議
公益財団法人日本ダウン症協会内
東京都豊島区南大塚3-43-11 TEL:03-6907-1824 FAX:03-6907-1825

2021/7/4

第2回厚労科研研究班Webセミナー 遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)診療ガイドライン2021年版の解説

厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)
「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」班

ライブ配信日時
2021年8月7日(土)14:00~16:00(予定)
*8月13日(金)~8月27日(金)までオンデマンドでのアーカイブ配信を予定

視聴無料

■開催概要
2021年7月に遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)の国内初となる診療ガイドラインが発刊されました。PARP阻害剤の適応拡大,HBOC診療の一部保険収載に伴い,わが国のHBOC 診療は臓器横断的に幅広く展開されてきています。『遺伝性乳癌卵巣癌(HBOC)診療ガイドライン 2021年版』について,ガイドライン作成メンバーより領域ごとの要点についてご解説いただきます。

■プログラム
*タイムスケジュールは予定

◎オープニング(14:00~14:05)
櫻井晃洋(札幌医科大学医学部遺伝医学)

◎ガイドライン委員長挨拶(14:05~14:10)
山内英子(聖路加国際病院乳腺外科)

講演1:ガイドライン概論(14:10~14:20)
北野敦子(聖路加国際病院腫瘍内科)

講演2:各論(14:20~15:40)
・遺伝子診断・遺伝カウンセリング領域
 平沢 晃(岡山大学大学院医歯学総合研究科床遺伝子医療学)
・乳癌領域
 有賀智之(都立駒込病院乳腺外科)
・卵巣癌領域
 岡本愛光(東京慈恵会医科大学産婦人科学講座)
・前立腺癌領域
 小坂威雄(慶應義塾大学医学部泌尿器科教室)
・膵癌領域
 尾阪将人(がん研有明病院肝胆膵内科)

Q&Aセッション(15:40~15:55)
司会:吉田玲子(昭和大学先端がん治療研究所)
*事前質問およびライブ配信でのチャット投稿による質疑応答を行います。
*事前質問を受け付けています(hboc.korokaken@gmail.com)。

◎クロージング(15:55~16:00)
中村清吾(昭和大学医学部乳腺外科)

■視聴方法
事前登録
下記URL,QRコードからご登録ください。
http://www.innervision.co.jp/HBOC-guideline-webinar/02.html

*事前質問を受け付けております。下記メール宛にお送りください。
E-mail:hboc.korokaken@gmail.com
*3月13日のWebセミナーに登録済みの方は,同じID・パスワードでご視聴いただけます。
*登録に際しては,ウェビナー@スイートの個人情報取扱規約を承諾しているものとみなします。

主催:厚生労働科学研究費補助金(がん対策推進総合研究事業)「ゲノム情報を活用した遺伝性腫瘍の先制的医療提供体制の整備に関する研究」班

厚労科研研究班Web セミナー事務局:株式会社インナービジョン/ウェビナー@スイート
E-mail:webinar@innervision.co.jp

ご案内(pdf)

2021/6/3

第11回遺伝カウンセリング研修会のご案内

●講義(WEB)配信期間:令和3年7月20日(火)0:00~8月15日(日)23:59(予定)
●RP 開催日:令和3年7月31日(土)~8月1日(日)
●実行委員長:渡邉 淳(金沢大学付属病院)
●講義+RP(会員のみ)修了者へ単位認定とする。RPは zoom にて実施。講義のみ(会員、非会員問わず)の聴講可、但し単位付与なし。

●プログラム(予定)
<講義>
講義名
演者
所属
理事長挨拶 【テキスト表示】
櫻井晃洋
理事長
研修委員長挨拶・システムの説明・オリエンテーション【テキスト表示】
福島明宗
研修委員長
実行委員長挨拶
渡邉 淳
実行委員長
ロールプレイの経験を遺伝子診療に生かすには
三宅秀彦
お茶の水女子大学
遺伝子診療における Dysmorphology
清水健司
静岡県立こども病院
遺伝学的検査報告書を読み解くために
岡崎哲也
鳥取大学
遺伝子診療における倫理的課題
吉田雅幸
東京医科歯科大学
遠隔遺伝カウンセリング
福島明宗
岩手医科大学
「ヒトの遺伝」リテラシー/教育・啓発
渡邉 淳
金沢大学付属病院

<RP>
日程
テーマ
演者
所属
7月31日 遺伝カウンセリングの基本
青木美紀子
聖路加国際大学
多発性嚢胞腎
花岡一成
東京慈恵会医科大学
ミトコンドリア病
後藤雄一
国立精神・神経医療研究センター
8月1日 HBOC
吉田玲子
昭和大学
出生前診断
鈴森伸宏
名古屋市立大学

・募集人数
講義+RP(学会員のみ):55 名
講義のみ:定員なし

・参加費用
講義+RP (学会員):43,200 円(予定)
講義のみ(学会員):10,000 円
講義のみ(非学会員):20,000 円

・申込方法:Webで登録をお願いします。 https://jsgc-form.info/25/

・受付期間:令和3年6月14日(月)16時~7月16日(金)12時
  ※RPは定員に達した時点で締め切ります。

・会員番号:申込みの際には会員番号(数字10桁)が必要です。(例:会員番号243116〇〇〇〇)
  不明の場合は学会事務局まであらかじめ余裕をもってお尋ねください。
  〒100-0003 東京都千代田区一ツ橋1-1-1 パレスサイドビル
  株式会社毎日学術フォーラム内  日本遺伝カウンセリング学会事務局
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください

・認定単位:
  臨床遺伝専門医制度単位 12単位(ロールプレイ5回)
  認定遺伝カウンセラー制度単位 12単位
  日本人類遺伝学会細胞遺伝学認定士 5単位
※講義とRP(学会員のみ)両方を修了された方のみに付与します。

・主催:日本遺伝カウンセリング学会
・後援:日本人類遺伝学会,日本遺伝子診療学会,全国遺伝子医療部門連絡会議

・お問合せ先:日本遺伝カウンセリング学会事務局
  E-Mail:jsgc●mynavi.jp ●を@に変えて送信してください
  Tel.03-6267-4550 Fax.03-6267-4555
  ※お問合せはE-Mailにてお願いいたします。

  日本遺伝カウンセリング学会研修委員会
  研修委員長 山本 佳世乃(岩手医科大学)
  研修副委員長 吉橋 博史(東京都立小児総合医療センター)
  研修担当理事 福島 明宗(岩手医科大学)

ご案内(pdf)

2021/4/8

第1回一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構(JOHBOC)学術総会のお知らせ


第1回一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構(JOHBOC)学術総会
http://johboc.jp/meeting2021/

日 程:2021年5月8日(土)9:00 - 5月9日(日)18:00
開催場所:昭和大学 上條記念館 4F赤松
※開催場所は収録会場となります。聴講はオンラインにて実施いたします。
 参加には事前の参加申込が必要で、申込と同時に参加費のお支払い(チケット購入)をクレジット払いでお願いいたします。

参加費:
1)10,000円(医師)
2)7,000円 (認定施設に勤務する医師)
3)5,000円 (医師以外の医療従事者)
4)無料 (学生)

【研修単位認定】
日本乳癌学会 乳腺専門医研修単位(3点)
日本産科婦人科学会 研修会(10単位)
日本専門医機構 産婦人科領域講習(1単位)
認定遺伝カウンセラー資格更新単位(5単位)


参加申込・ご案内(pdf)

2021/3/22

中央西日本遺伝性腫瘍コホート研究キックオフシンポジウムのお知らせ


中央西日本遺伝性腫瘍コホート研究キックオフシンポジウム
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000072793.html

【日 時】2021年 3月 25日(木) 17:30 ~ 19:20

【プログラム】(敬称略)
司 会:冨田 秀太(岡山大学病院ゲノム医療総合推進センター 准教授)

17:30 オープニング「Well-beingの価値を創出するための岡山大学の挑戦」
  那須 保友(岡山大学 理事(研究担当)・副学長)
17:40 「遺伝性腫瘍コホート研究から展開する広域医療圏のゲノム医療」
  平沢 晃(岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 臨床遺伝子医療学 教授)
18:10 特別講演「がんゲノム医療の現状と今後の展望」
  間野 博行(国立がん研究センター理事・研究所長・がんゲノム情報管理センター長)
19:00 クロージング「ゲノム医療における産学共創の強化促進に向けて」
  佐藤 法仁(岡山大学 副理事(研究・産学共創担当)・URA)

こちらのフォームよりお申し込み下さい(定員1000名)
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfnOoNp90Brx8hjl22kiIxoTbAo-lO-st6xdVEv4_yJ0a5M2Q/viewform

【主催】岡山大学研究推進機構、 岡山大学オープンイノベーション機構、中央西日本遺伝性腫瘍コホート研究グループ
【共催】岡山臨床遺伝カンファレンス
【協力】岡山大学病院ゲノム医療総合推進センター、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科臨床遺伝子医療学


ポスター(pdf)

2021/3/15

第18回臨床遺伝情報検索講習会のお知らせ(日本遺伝子診療学会より)


日本遺伝子診療学会では第18回臨床遺伝情報検索講習会をオンライン e-ラーニング 形式にて開催致しております。
参加申込、受講につきましては日本遺伝子診療学会HP(http://www.gene-dt.jp/frame/f_workshop.html)をご確認下さい。
本講習会の参加証明は、臨床遺伝専門医(3単位)、認定遺伝カウンセラー(5単位)の更新単位となっております。
多くの皆様の受講をお待ちしております。

◆ 日時:2021年3月8日(月)0:00~2021年4月7日(水)23:59
◆ 開催形式:e-ラーニングシステムを利用したウェブ配信

◆ プログラム:
・UCSC Genome Browser を用いたヒトゲノム構成の閲覧
 佐藤謙一(国際医療福祉大学 福岡保健医療学部)
・がんゲノム医療における基礎知識
 雨宮健司(山梨県立中央病院 ゲノム解析センター)
・がん遺伝子パネル検査に関する情報検索と検査結果解釈の実技演習
 柿島裕樹(国立がん研究センター中央病院 臨床検査科)

◆ 参加費: 会員5,200円 非会員10,200円
◆ 申込方法:まずWEB登録をおねがいいたします。
 https://survey.mynavi.jp/cre/?enq=9cgywxErC6I%3d
◆ 申込期間: 2021年3月3日(水)16:00~2021年4月5日(月)23:59

2021/2/15

シンポジウム「難病医療における遺伝学的検査の現状と課題」


◆ 日時:2021年2月27日(土)12:20~17:00
◆ 開催形式:Zoomウェビナー
◆ 参加費:無料

詳細はこちら(pdf)
ポスター(pdf)

2021/2/5

2020年度第5回「ヒトゲノム研究倫理を考える会」
― 指針改正と様々な同意のあり方を考える ―


◆ 日時:2021年3月1日(月) 15:00-18:00
◆ 開催形式:オンラインシンポジウム
◆ 参加費:無料

詳細はこちら(pdf)

2021/1/13

第10回記念企画 日本遺伝子診療学会:遺伝子診断・検査技術推進フォーラム 公開シンポジウム2020のご案内


◆ 会期:2021年1月27日(水)10:00~17:00
◆ 開催形式:WEB 開催(オンデマンド配信:2021年1月27日(水)~2月28日(日))
◆ 参加費:WEB開催のため、事前にクレジット決済をお願いいたします
 会 員 4,000円
 非会員 6,000円
 ※学生の方は無料ですが、参加登録と学生証のご提示が必要です。

詳細はこちら(pdf)


過去の新着情報へ